おすすめバックミラーはキャットアイBM-45!このバックミラーはその大きさといい、軽さといい、見やすさといい、取り付けやすさといい、ダントツで一番オススメのバックミラーだ。

ブルベやロングライドはもちろん、普段のサイクリングや河川敷のロードバイク練習でも、ぜひともハンドルに取り付けて後方の安全チェックに役立てたいと思う。

しかし、このバックミラーは唯一の欠点がある。それは衝撃でバックミラー本体が取り付けアダプターから外れてしまうということだ。というわけで、簡易命綱の作り方などを含めて紹介をしたいと思う。

ロードバイクのバックミラーはどうしようか考えている方の参考になれば、いつもの通り安堵の胸をなでおろすよ。

バックミラーキャットアイBM-45開封の儀

バックミラーキャットアイBM-45

  • ドロップバー/フラットバー対応
  • レンズサイズ:直径45mm
  • レンズ素材:ガラス
  • 取り付け対応サイズ:ハンドル内径Φ16〜25.4mm
  • 6角レンチ(3mm)付属
  • 締め付けトルク:2N・m
  • 重量:35g

ドロップバーのバーエンドに取り付けるバックミラーとしては、完成度が高い。そしてなんといってもウレシイのはその軽さ。本当に軽い。コレ1つで後方視界が確保できるのであれば、ぜひともみんなに取り付けてもらいたいと思う。

キャットアイ(CAT EYE) バーエンドミラー の構造

バックミラーキャットアイBM-45

キャットアイバーエンドミラーは非常にシンプルな作りになっている。

ボルトを締め込むことで斜めになったストッパーがずれてハンドルバーエンドに固定される。

バックミラーキャットアイBM-45の命綱の作り方

バックミラーキャットアイBM-45

バックミラー部だが、これがちょっとした衝撃でバーエンドアダプターから外れてしまう。ブルベ中にバックミラーを失うと、ちょっと悲しい。そこで、バックミラーに命綱を取り付けてみたい。

作業的には簡単で、千枚通しなどでミラー本体に穴を開ける。

この穴だが、ミラー本体自体がけっこう薄い。ただ、ミラー後方にはクリアランスがあるので、センター付近に斜め穴を空ける。直角方向に開けるとダメよ。

バックミラーキャットアイBM-45

ミラー本体、斜めに開けた穴にリングを通す。通すものは何でもいいのだが、このような丸リングが一番通しやすいと思う。

バックミラーキャットアイBM-45

ミラー本体に取り付けたリングに命綱を付ける。いらないストラップなどを代用できるだろう。

バックミラーキャットアイBM-45

取り付けたストラップをバーエンドとアダプターの間に潜り込ませ、バーエンドミラーを取り付ければ完成。このようにしておけば、万が一の衝撃でミラー本体がバーエンドから外れても紛失することはないだろう。

まとめ

キャットアイバーエンドミラーのミラー本体を、すでに3個ほどなくしている。笑ってやってくれ。

で、その紛失しているそのほとんどが遠征ブルベだったりする。そう、普通のブルベやサイクリングでは無くすことはほとんどないと思う。

バーエンドに衝撃が加わるのが、たくさんのロードバイクが集まる駐輪場と相場は決まっている。なので、駐輪する場所が極端に少ない状況でロードバイクを重ねて止める場合悲劇は起こる。

なのでPBPにエントリーをしていて、バーエンドミラーやバックミラーを取り付けている方は、ぜひともミラー紛失の対策を立ててほしいと思う。

キャットアイバーエンドミラー手にしたら、命綱マストよ。なにごとも備えあれば憂いなしね。

↓↓ワンクリックです。ぜひ記事を評価してください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 人の評価, 平均: 5.00 out of 5)
読み込み中...
おすすめの記事