油圧ディスクブレーキのブレーキパッド交換【Cube Agree C:62】

油圧ブレーキのブレーキパッド交換をする。オレはけっこう体重重し、さらにダウンヒルのツッコミもかなりしっかりはいっていく。

峠のダウンヒルはちょっと好き。なので、ブレーキは負担をかける。Cube Agree C:62は今シーズンより使いはじめ約半年。

走行距離も九州ヘブン1500kmなどを走っているので2500kmほどになっている。

今月のAlpi4000を控え、フロントブレーキパッドを交換する。

Cube Agree C:62 ディスク 初走り・ファーストインプレッション・レビュー
Cube Agree C:62を購入したのが約2ヶ月前となっている。うちに到着をしたのが2017年12月18日。 組み立ててすぐにローラー...




シマノ レジンパッド L02A

シマノ レジンパッド L02A

まぁ、選択肢はこれしかないか。メタルパッドもあるけど、こっちでよい。

ちょっとブレーキ鳴くのよね。

シマノ油圧ブレーキ(BR-RS505)パッド交換

前の安いレジンパッB01Sなら700円位で買えるけど、こいつは1746円だった。高い。

3000km程度で交換となると、年に1、2回は変える必要あるかも。ただパッドプレートにヒートシンクもついて、さらに性能は上がっているのだろう。

交換に必要な工具は・・・

  • アーレンキー(アクスル外し)
  • ラジオペンチ(スナップリング外し)
  • マイナスドライバー(バッドピン外し)
  • 太いマイナスドライバー(ピストン戻し)
  • ウェス(清掃用)

となる。ブレーキパッド交換行ってみよう。

アクスルシャフト外して、ホイールを外す。掃除も合わせて進めよう。

キャリパーの裏、ホイール側にスナップリングがあるので、ラジオペンチで外す。スナップリング失くすなよ。

キャリパー表側からマイナスドライバーでパッドピンを外す。

パッドはかなり減っていた。

右が新品パッド。厚さは新品パッドが2.5mmのところ、古いパッドは1mmほど減っていて残り1.5mmとなっていた。こいつはそのままツールボトルに入れて、予備パッドにする。リターンスプリングも忘れずにね。

ピストンを含め、キャリパーをきれいにする。歯ブラシやひげそり清掃ブラシなどで丁寧にきれいにしよう。

その後太めのドライバーなどをつっこんでピストンを引っ込める。古いパッドを片方入れてスペーサーにすれば細めのドライバーでもいけるぞ。

キャリパーやピストンに傷をつけないよう、ゆっくりと慎重に作業をする。

ピストンが引っ込んだ図。

キャリパーにリターンスプリングを挟み込みパッドをキャリパーに挿入する。

RとLパッドがある。Rパッドがホイール側、内側になる。

キャリパーにブレーキバッドがおさまる。

あとはホイールをもとに戻し作業完了。作業時間は清掃も入れて30分ほどだ。

まとめ

ブレーキはきちんと整備をしなくてはいけない。生命線だからね。

新品のブレーキパッド入れると、ちょっと安心する。清掃もできて、非常に気持ちいい。

キャリパーブレーキはブレーキパッドがむき出し、バイクで一番見やすい場所についているので、交換時期を把握しやすい。

逆にディスクブレーキは本当に目視チェックがしにくい。なので、ホイール外した際は、きちんとバッドの厚みチェックをしておこう。

ちなみにパッドが相当消耗すると、リターンスプリングがブレーキロータに接触をして音が出るそうだ・・・こんなのブルベ中に見舞われると最悪だよね。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする