2022年RM430飛梅1200km・残念無念DNF

2022年の目玉とも言えるAJ福岡開催のRM430飛梅1200kmを走ってきました。結果2日目体調不良によりDNFリタイヤという残念無念な結果になりました。

体調不良は久しぶりにモノが食べられなくなり、佐多岬の折り返しでゲロして終了という感じです。

まー、そんな箸にも棒にもかからないような備忘録を回想、反省してみたい。読みどころは一切ないのでよろ。

Day0(4/29):車検・前夜祭

スタート地点である筑後船小屋で前日車検が行われた。

受付をする。

受付して車検して説明会で宴会という流れ。

車検後一旦ホテルに戻りタクシーで船小屋に戻り宴会へ。

宴会スタート時間がとても早く、のんびり飲めた。ビールの後は黒霧島お湯割りですすめた。その後電車で帰宅。

Day1(4/30):スタート→PC1

快晴のスタート。風は少々強め。でも鹿児島へ向かって悪い風ではなかった。

ブリーフィング。

その後カウントダウンをして11時スタートした。

1時間位たった。調子は良い。今にして思えば、調子いいときは抑え気味に行けというのを忘れていた。

段々と山の中に入っていく。

けっこう暑い・・・

阿蘇へ登る。

草千里ヶ浜。

PC1が見えてきた。

阿蘇のチェックポイント。このあたりまではそこそこ調子良かったんだけどなー

なんかその後、気分があまりよくない。だましだまし走る。

PC1到着は1時半過ぎ。このあたりでもう食べられなくなっている。本当は鹿児島に予約してるホテル行きたかったが諦める。回復を祈って胃薬飲んでここでちょっと仮眠。

仮眠所。

薬と仮眠のおかげでちょっと回復したか・・・豚汁食べられる。

5時にリスタート。

Day2(5/1):鹿児島ホテル→佐多岬→南大隅町DNF

鹿児島到着。

ホテルに寄ってシャワーを浴び、ドロップバッグもらって着替えなどをして10時にリスタート。

この鹿児島のホテルサンフレックス鹿児島はとても良いホテルでした。部屋へ自転車入れることも全く問題なし。ホテルスタッフさんに色々気遣いをしてもらいました。もし鹿児島行くことあれば、ぜひこのホテルサンフレックス鹿児島をおすすめします!

桜島フェリーはけっこうすんなり乗れて、すんなり出港。

鹿児島フェリーをわたり、桜島を走り出してすぐにパンク。これが本当に堪えた。なんとか調子が上向きになってきたところで・・・運が無いのはこんな感じ。日陰もまったくなく直射日光下でのパンク修理は疲弊した。なんかぐだぐだで30分くらいかかった。

キツイ佐多岬往復で携帯ポンプで入れた不安なフロントタイヤのエア感だし・・・

佐多岬をめざす。まじで引き換えして鹿児島DNFが良かったかもと自問自答。

佐多岬到着。時計を見ると16時ちょい前。

調子も最悪。なんか何も食べられない。でも足は動くのがいいのか悪いのか・・・撤退のタイミングを逃すというのはこういう事を言うんだろうな。

ただ佐多岬で次のルートをセットするとPC2まで200km・・・なんか追い詰められる。現時点で16時のあとPC2が200km・・オレのとっているホテルがそこから20km先。全くたどり着くイメージが掴めない。

それより大隅半島を離れて宮崎に行くと撤退の道もかなりキビしくなる。

この後佐多岬の帰りアップダウンでゲロ吐いて観念。南大隅町のビジネスホテルに逃げ込んでDNFしました。

まとめ

完全なる準備不足、練習不足ですわ。ダメな時はこんなもの。飛梅後にキャンカーで一緒に回る仲間がちょうど佐多岬へ行くところだったので、運良く拾われた。

AJ福岡さん、道中あったライダーの皆様、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でyasu@ブルベ人中の人をフォローしよう!

↓↓ワンクリックです。まーまーえーじゃん、だめぢやんなど・・ぜひ記事を評価してください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (9 人の評価, 平均: 4.67 out of 5)
読み込み中...
こちらも見てみませんか?