2015PBP準備:対パンク性の高いタイヤといえばパナレーサー RACE D Evo2

対パンク性の高いタイヤといえばパナレーサー RACE D Evo2 duroだろう。今一番信頼を置いているタイヤがコレ。

去年オーストラリアの1200㎞、今年九州1周ヘブンウィーク1500㎞をこなし、パンクは1回。そのパンクもガラス破片が突き抜けたという、たぶんどんなタイヤでもパンクするやつだった。

それ以外では、まったく問題なし。

たぶん、ミシュランPRO4だとサイドカットしたのでは?・・・というようなものもパンク無しでいけている。

パナレーサー RACE D Evo2

このブラウンがお気に入り。

とにかく対パンク性はパナレーサーの中でも上位だろう。この上は、たぶんグラベルキングしかないのでは?

たしかこのグラベルキングは、以前ブルべエディッションと言われていたタイヤのはず。

このタイヤのほうが対パンク性は高そうだけど、どうもサメ肌のトレッドがちょっと苦手。

なので、オレは当分このパナレーサーTypeDで行く。

パナレーサー RACE D Evo2

こんなサイドカット寸前の状態でも、全く問題なし。

パナレーサー RACE D Evo2

これもかなりひどいが、表面のトレッドで止まっていてブレーカーを抜けていない。

とにかくパンクしない。

今回のPBPパリブレストパリでも、要求にこたえてくれるだろう。

パナレーサー RACE D Evo2

今回はフロントを23C、リアを25Cとしてみた。

エアボリュームと乗り心地を考え、リアを25C。

23Cと比べてると、本当に太く見える。

重量も、軽量タイヤに比べ遜色ない230g(カタログ値)なので、対パンク性の保険であれば、全く問題なし。

一回パンクすると軽量タイヤで稼いだタイムなど一気に吐き出す。精神衛生上もよくない。パンクは1回とは限らないし。

とにかく、これまでパンクにはいやというほど泣かされているので、対パンク性が高いこのパナレーサーTypeDは当分変えることはないと思う。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク