RM427東京1900km・7泊8日旅の準備をしよう

記事はプロモーションが含まれています

RM427東京1900最東端納沙布岬にエントリーをしてしまったのだけど、1本のブルベとしては北海道1300kmやLEL1400km、Alpi4000(1450km)よりも長い距離だ。

制限時間も190時間でフルに使うと7泊8日。4月27日スタートで、無事に7泊8日使うと5月4日にゴールに到着をするはず。

久しぶりのRMということもあり、楽しさ半分不安倍増というところだ。

そんな時には、衰える体力気力を補うべく、いつものように機材に頼ってみたいと思う。

ウェア類

4月下旬の東京スタート、東北を経て北海道の道東納沙布岬まで行く。

たぶんスタートは初夏・・・夏日の可能性もある。これ書いている今日(3/31)の関東の最高気温も27度とか言っているし。

しかし、ゴールデンウィークの北海道はわからん。雪降る可能性もあるし、襟裳や釧路や根室なんて普通にストーブがまだ出ていると思う。

また雨が降れば、けっこうな地獄を見られるかもしれない。ということでレインウェアを今回は奮発した。

モンベルサイクル レインジャケット

いつもレインウェアは安い、どーでもいいヤツを使っていた。

しかし、今回だけはしっかりしたレインウェアを導入。オレ史上初めてのゴアテックスだ。ちょうどモンベルのアウトレットがあり、ちょっと安く買えた。

GPSなどの機材

今回は、ブルベを始めた2013年からがんばっているガーミンEdge800やeTrex20などのGPSなどの機材を入れ替えてみたいと思っている。

価格やバランスを考えてブライトンを選択してみた。導入する機材をチェックしてみたい。

ブライトン Bryton Rider S500

GPS

出典:アマゾン

  • 防水, Bluetooth, タッチスクリーン, レーダー警告
  • 83.9 x 51 x25.1
  • 2.4 インチ
  • バッテリー稼働時間最大24時間
  • USB-C
  • 87g

まずはブライトンのRider S500をチョイス。ガーミンのやつに比べると半値以下?こちらはセンサー付きを購入した。

このGPSナビには、いつも左側についているガーミンEdge800と入れ替える。基本的にはルートの標高表示。ナビに切り替えるとノースアップ。

あとは各種データーを表示する予定。なので表示ページはルートナビ、標高、データーの3枚。

ただ胸につける心拍計はどうも使いづらい。なので後述する腕に装着をする心拍センサーも別途購入する。

センサー無しなら2万ちょいで買えるぞ(セールの時とか)

ブライトン Bryton Rider 750SE

GPS

出典:アマゾン

  • 防水, Bluetooth, タッチスクリーン, レーダー警告
  • 93 x 50.9 x 19.4
  • 2.8インチ
  • バッテリー稼働時間最大40時間
  • USB-C
  • 87g

2台目のGPSはブライトンRider 750SEにしてみた。S500よりも液晶が大きい。こいつはルートナビ専用。

上の画像ではルート下に2つのデーター表示ができる。ちなみにこのデーター表示を標高表示することも可能だ。

なので、やりたいことはこのRider 750SEを1台購入すればOKだ。しかし、道中に何が起こるかわからない。100g程度の増加であるなら、GPSナビは2台ほしい。

ルート表示はヘッドアップ。また後述するブライトンガーディアという後方車両検知のレーダーも同時購入する。

ブライトン ガーディア Bryton Gardia R300L

GPS

出典:アマゾン

  • IPX7
  • ANT+ & Bluetooth 接続/電源
  • バッテリー稼働時間最大24時間(ライトオフ)
  • 40x97x20.9
  • 66g

ブライトンガーディアという後方車両検知するレーダーで、テールライトも装備している。

アマゾンの説明を見ると、シートポストに取り付けできるアダプターが付いているようだが・・・シートステーにはダメだろうか。

サドルバッグが取り付けられるので、シートポストには取り付けできない。さらにこれってレーダーだから普通はできるだけ高い場所で地面と垂直が基本だろう。

たぶんシートステー装着は考えられていないだろうな。取り付けも含め考える必要がある。

COOSPO 心拍計アームバンド

GPS

出典:アマゾン

  • 42長さ x 36幅 x 13高さ mm
  • 60g
  • バッテリー稼働時間20時間
  • 防水IP67
  • USBの磁気式充電

そういえば、オレはブルベやロングライド、いつもの練習走行でも心拍計をつけたことがない。なかなか年齢もアレになってきたので、心拍も心配してみる。

で、心拍計といえば胸に装着するタイプなのだが、思うにとても面倒だ。装着し忘れたら・・・ジャージやアンダー脱ぐ必要あるよね。

なので、ズボラなオレは腕に装着するタイプを別途購入をした。ANT+はもちろんBluetoothも使えるので、スマホにも接続できるだろう。

その他の機材

今回は、ブルベを2013年よりはじめ10年を超え11年目ということで・・・機材入れ替えと見直しを行う。

というわけで、以下の機材を導入してみたい。

CYCPLUS 自転車 空気入れ 携帯 電動ポンプ

GPS

出典:アマゾン

  • 「高速充填」700x25Cタイヤに0から100PSIまでに約 150 秒
  • 「超コンパクト」97g
  • 「20分急速充電」充電式で繰り返し使用可能

かなり高額だが、背に腹は代えられない。これでエアポンプを持たなくて済み、さらにポンピングの疲弊より開放されれば、最高だと思う。

25cが100PSI(6.9BAR)に2分半。28cだと6BARくらいか。あのポンピング地獄が無いのなら、導入する価値ありと思う。

まとめ

ところで全然話は違うが、このRM427東京1900kmの旅から帰宅した後の5/8に年金事務所行って年金繰上げ受給の申請に行く。

2024年4月9日でなんと還暦だ。そして年金の支払いも終了で繰り上げれば受給できる。もられるものはすぐもらう。のんびりしていると、そのうち支払いも65、受給も70とか言い出す可能性もあると感じる。

RMなんていつまで走れるのかな・・・

「RM427東京1900km・7泊8日旅の準備」記事は随時更新をする予定です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でyasu@ブルベ人中の人をフォローしよう!

↓↓ワンクリックです。ぜひ記事を評価してください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (11 人の評価, 平均: 4.91 out of 5)
読み込み中...
こちらも見てみませんか?