ブルベでDNFを決断する時・撤退する時

先週は今年最後のBRMが行われたようで、台風通過の中、エントリーをした皆さん、お疲れ様です。

今年あと1戦残っているYasuです。こんにちは。

今年最後のBRM走者と思われる福岡で行われた600kmでは出走23人で完走4人・・・DNF19人というリザルトだったようです。マジか。

さて、今日はDNFについて、言い訳をしてみようと思います。




オレのこれまでのブルベDNF 4つ

オレはこれまで走ってきたブルベで4つほどDNFをしている。あと、途中中止1つ。

国内1つ、海外3つという内訳。

2012年の最後のヤビツ200kmを完走して、2013年から本格的にブルベをスタート。

これまでトータルで国内外44のBRM、RMを走った。

  • 国内BRM:32完走
  • 国内RM:2完走(2015年北海道、2016年岡山)
  • 海外RM:5完走
  • 国内RM1200km:1中止(2014年北海道1200km)
  • 国内BRM:1DNF(2015年宗谷600km)
  • 海外RM1200km:3DNF

このような内訳。DNFを言い訳してみよう。

2013年SMAシドニー・メルボルン1200km:DNF

この年、LELロンドンエジンバラロンドンを完走して、ちょっと余裕でエントリーをしたSMA1200km。

シドニーからメルボルンの山岳巡りで1200kmは力不足で余裕のリタイア。

2日目、2回のPCすっ飛ばしで戻ったり、タイヤバースト、チェーン脱落など、これまで味わったことがないトラブル続出。

力不足のところへ色々と重なり、PC2のカットオフタイムに30分届かず・・・リタイアとなった。オレのブルベ初リタイア。

2015年PBPパリブレスト1200km:DNF

もう、余裕の完走を確信して乗り込んだフランスにヤラれた。

調整失敗、2日目にストレス性胃炎をかかえてブレストをターンした時には、まだ時間の余裕があった。

しかし、2日間飲めず食えず吐きまくり・・・で、生命の危機を感じたTINTENIAC 865kmでリタイア。

結構このリタイアは堪えた。今後DNFはしないと誓う・・・

2016年宗谷600km:DNF

えっと、これは余裕完走できる体力も残っていたけど、やる気なくして稚内でリタイア。

この年、家族でフレッシュ完走して、嫁さんと長女の家族全員SR取得をもくろんでいた。

この前の釧路400kmで長女完走したが、嫁さん根室でDNFした。そしたら嫁さん、宗谷600kmをDNSした。

一緒に走った長女もヒザの不調を訴えPC2でDNF。そのまま1人で稚内まで行ったけど・・・嫁と長女を引くはずのオレだったが、後ろ全滅してモチベーション無し。

さらに嫁さんがレンタカーを借りて観光をしていた。次の日宗谷岬観光すると聞いて稚内でリタイア。これはしょーがないよね。

2017年TikiTour1200km:DNF

これも余裕とは言えないけど・・完走を確信して乗り込んだ。なんといっても前年2016年は4本のRM1200kmを完走している実績背負っていたし。

特にタスマニア1200km、GSR1200km完走はかなりの自信になっていた。

しかし、その自信から来る過信により2日目腹痛でDNF。2年前のPBPとおんなじだよ。アホ。

初日からずっと冷たい雨。2日目もずっと雨。調子は良かったが想像以上内臓に負担がかかっていたよう。

で、2日目スタートして50km位のところで腹に異変を感じる。さらにドロップバッグへ胃薬忘れる痛恨ミス。最後は吐きまくって回収車にDNF宣言して拾われる。

ブルベのDNFを決断する時

宗谷600kmのDNFは目的を失ってのDNFなので、まー、しょうがない。

その他の国内BRMはすべて完走をしている。そもそも国内ではDNFはしないと思う。もしするとしたら事故とか怪我なのだろう。

なぜなら走れそう無い場合、オレは迷わずDNSするから。

ブルベ・ロングライドを雨でDNSする5つの理由
ブルベやロングライドを雨でDNSする5つの理由を考えてみた。

国内BRMはすべて練習と位置づけをしているので、無理はしない。必ず完走をする。

これには理由があって、つらい状態でDNFするとブルベをキライになりそうで。なので、ダメそうな場合は走らないということを選択するワケです。

3本の海外RM1200kmのDNF理由はタイムアウト1本と胃痛2本。

なので、オレのDNF対策は胃痛と眠気がメインとなっている。50歳も超えると辛抱きかないのよね。

薬も結構たくさん持っている。対策はイヤというほどしている。準備も毎回万全で臨む。

それでも、自分のDNF決断する時がある。それは・・・

「吐いたらDNF」

まとめ

先週の福岡600kmリザルト見たら、DNFした19人全員がPC2でアウトになっている。PC2の前って駅なのよね。

台風、大雨、強風の状態、2つの峠登って下って120kmのところで目の前駅・・・たぶん出走したほとんどの人がPC2でアウトになると考えたのではないだろうか。

そう、考えた時点でオレなら出走はしない。負け戦はしない、というスタンス。

ぜひ自身のDNFライン、基準を持つとよいかと思います。

ブルベ・ロングライドでDNFやリタイヤしないため5つの準備
ブルベ・ロングライドな皆さん、こんにちは。今週はぐーたらしているYasuです。 そして、今週末は雨模様なのですよね。 1000kmブルベ...
yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする