セラアナトミカ Selle Anatomica XとX2の比較

ブルベでとてもお世話になっているセラアナトミカ Selle Anatomica Xはとにかく尻が痛くならないサドルだ。そのセラアナトミカ Selle Anatomica Xシリーズに新型が出た。

早速発注して約2週間で手元に届いた。新旧のセラアナトミカ Selle Anatomica Xを比較してみるよ。こんにちはYasuです。




セラアナトミカ Selle Anatomica XとX2の外観

セラアナトミカ Selle Anatomica XとX2の比較

今回のセラアナトミカ Selle Anatomica は両方共Xシリーズとなる。

セラアナトミカ Selle Anatomicaでは体重によってその形式が変わってくる。

  • X Series (120-190 lbs)
  • H Series (190-250 lbs)
  • C Series (Up to 225 lbs)
  • T Series (Up to 150 lbs)
  • NSX Series (Up to 250 Lbs)

このような感じ。1lbs(1ポンド)は約450gとなっているので、200lbsは約90kgとなる。

X Series (120-190 lbs)は54kg-85.5kgとなり、ほとんどの方がこのX Seriesでカバーされると思う。

セラアナトミカ Selle Anatomica XとX2の比較

新型X2はかなり軽量化を意識しているのだろう。スチールフレームを使って重量あまり考えていないXの方にはサドルのケツにキレイなプレートが付いている。

しかし、X2の方はいさぎよく取っ払っていることからも、軽量化のやる気を感じるぜ。

セラアナトミカ Selle Anatomica XとX2の比較

サドルスキンを固定しているリベットもカッパーなXと比べ、アルミ製のリベットなっている。

X2はこのリベットがボルト留めとなっていて、フレームからサドルスキン外すことができる。交換が可能なのよ。

ちなみにXの方のリベットは圧着固定となっていてサドルスキンの交換はできない。

セラアナトミカ Selle Anatomica XとX2のフレーム比較

セラアナトミカ Selle Anatomica XとX2の比較

今回のXとX2で最も違うのがこのサドルフレームだろう。

Xはフレームもサドルレールもスチール製となっている。

それに対してX2はフレームがアルミ製、サドルレールはステンレスパイプとなっている。今回の軽量化はここが大きく貢献をしていて、約100gの軽量化が実現されている。

セラアナトミカ Selle Anatomica XとX2の比較

X2のアルミフレームとサドルレールの接合部は分離できる。これによりサドルフレームのりペットボルトを外せはサドルスキンがフレームより外れ、またサドルレールも取り外しが可能だ。

Xでhできなかったことが、X2では軽量化とスキン交換という大幅な進化を遂げているわけ。

セラアナトミカ Selle Anatomica XとX2の比較

テンションボルト部は変わっていないが、X2の方はスチールそのままの地肌となっている。s

当然、X2のテンションボルト部フレームもサドルスキンより分離可能。ボルトリベットを緩めれば取り外しできる。

X2はオルトリーブ サドルバッグ L スレートの取付可能

セラアナトミカ Selle Anatomica XとX2の比較

X1のサドルスチールフレームは通常のサドルフレームと違い、後ろのほうが大きく広がっている。このためブルベライダーに人気のオルトリーブサドルバッグのアダプター取付ができなかった。

セラアナトミカ Selle Anatomica XとX2の比較

しかし、X2の新型ステンレスパイプフレームは従来のサドルと同様の形状になっている。

このため、なんの問題もなくオルトリーブサドルバッグアダプターの取付が可能だ。

普通に付く。かなり感動!

セラアナトミカ Selle Anatomica XとX2の比較

X2は通常のサドルと同様のサドルフレーム形状になったことにより、オルトリーブサドルバッグのアダプターが加工なしに、普通に取り付けることができる。

そしてこのようになんの問題もなく、オルトリーブサドルバッグが収まるわけだ。ちなみにオレのは古いオルトリーブ。

ちょっと高くても買わない、交換しない理由はない。

まとめ

セラアナトミカ Selle AnatomicaはX2にバージョンアップして、大幅に進化した。

軽量化はもちろん、ニューサドルスキンに交換可能。さらには軽量ステンレスパイプフレームは従来のサドルと同様の形状になり、ブルベの人に大人気のオルトリーブサドルバッグがなんの苦もなく取付可能。

これは、かなりいいんじゃない?

なんかサドル周りの問題が一気に解決したような気がしてならないんだが・・・まだ注文に躊躇しているあなたの背中を押してみるよ。(回し者ではありませんw

↓あー、アマゾンでも売っているね。(高いが海外通販だと200ドル2週間待ち




セラアナトミカ Selle Anatomica X2を発注した【ブルベ御用達サドル】
セラアナトミカ Selle Anatomica X2を発注しました。ブルベやロングライドでは、かなり気に入ってこのサドルを使っています。 ...
yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする