ブルベで撮影したベストショット写真集4枚【海外ブルベ編 Vol1】

まだまだ今年のブルベは終わらないYasuです。こんにちは。

さて、今日は今までのブルベで撮影した画像で、ちょっと心に残るものをピックアップしてみました。

今日は海外ブルベ編となります。




2013年7月ロンドンエジンバラロンドン 往路 スコットランドボーダー

ロンドンエジンバラロンドン 往路 スコットランドボーダー

初めての海外RM。それもいきなり1,400kmという海外長大ブルベのロンドンエジンバラロンドン。

往路のスコットランドボーダに到着をしたところ。エジンバラまでまだまだあるのですよ。ここから。

エジンバラをターンする頃は、けっこうぼろぼろになっていました。

2014年10月 パースアルバニーパース 3日目 ウィリアムズへ向かう道

パースアルバニーパース 3日目

立て続けに1200kmを完走できず(SM1200DNF、北海道中止)、3本目のオーストラリアPAP パースアルバニーパース。

ここで1200kmを初完走した。

これは3日目のウィリアムズへ向かう道。2日目で海沿いアルバニーに到着をして、その後内陸部に向かう。

気温も高く、また延々とこんな道が続く。見た目はきれいなアスファルトだけど、使っている砂利が非常に荒く、粒が大きい。かなりな振動をハンドルに受けるのよ。

2016年2月 ツールドタスマニア 2日目 ハイランドレイクへ向かう道

ツールドタスマニア 2日目

獲得標高15000mといわれている、オーストラリアの島タスマニアで行われた、ツールドタスマニア。

キツイ2日目。1,000m超えの正面の山を登ってハイランドレイクへ向かう道。

この日のオーバーナイトコントロールはあの山の向こうの湖の向こうのGOWRIE PARKというキャラバンパークだ。ちなみにこの日キャラバンパークに到着をしたのは日付の変わった朝の4時過ぎ・・・

ツラかった。

2017年9月 ラストチャンスコロラド 1日目 コロラドの大平原を行く

ラストチャンスコロラド 1日目

日本人5人のパックで走ったアメリカコロラド、カンサス、ネブラスカをめぐる、コロラドラストチャンス1200km。

なにがラストチャンスかというと、途中に民家数件のラストチャンスという街の名前。

アメリカのこんな、なんもない道をイヤというほど走ることができる。ホント皆さんお世話になりました。

まとめ

海外のブルベは、毎回心に残る。走っている時はツライことばかりだけど、帰ってくるとやっぱりまた行きたくなるのですよね。

2019年PBP(パリ・ブレスト・パリ)優先エントリーの告知
先日AUDAX JAPANのウェブサイトに2019年・第19回PBP(パリ・ブレスト・パリ)の優先エントリー方法について掲載があった。 そ...

来年はまたどこへ行こうと思っているだけど、まずは直近の4年前DNFして、リベンジSMA1200kmをやっつけなくては。

あっ、オレ上記のコロラドラストチャンス完走でとりあえずISRのはず。あとで申請の方法をチェックしよう。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする