カーボンバイクで11速で10万円台バイクってある?【女性用もあるよ】

カーボンフレームのロードバイクは憧れだ。予算が無いという方でも、やはり無理をしてカーボンフレームのロードバイクは欲しくなる。

パーツは交換をしやすいが、フレーム交換をする方は少ないから。それはビギナーだったり、初めてロードバイクを買う方なら当然のことだろう。フレーム交換するならバイク買い替えになる。

最初からトップモデルを購入できる方は、全く問題ないが、オレを含め予算が限られている人は、やはりこの時期にロードバイクをチェックすることおすすめ。

前年度モデルが残っていれば、かなり価格もこなれているだろう。過去、オレもこの時期に買ってきた。安かったしね。

今の愛車はカーボンフレームのCube Agree C:62 ディスクだ。九州ヘブン1500kmやイタリアAlpi4000の1500kmを完走している。当然今年はPBPもこれで行く。

で、タイトル通り、10万円台でカーボンフレームバイクで11速モデルで女性用もあるの・・・?これがあるんですよ。びっくり。ちょっとチェックしてみよう。

Vitus Venon Disc (Tiagra) 2018

Vitus Venon Disc (Tiagra) 2018

  • Chain Reaction Cycles UK:¥101,399
  • フレーム: カーボン T700-HM UD
  • フォーク: フルカーボン
  • アクスル: ボルトスルー
  • ブレーキ/シフトレバー: Shimano Tiagra
  • ブレーキ: TRP Spyre-C 機械式
  • ローター: 160mm (フロント・リアとも)
  • フロントディレイラー: Shimano Tiagra
  • リアディレイラー: Shimano Tiagra
  • カセット: HG-500 12-28T
  • クランクセット: Shimano Tiagra FC-R4700 50-34T
  • ホイールセット: Shimano RS170
  • タイヤ: Continental UltraSport II 700x28c
  • ステム: Vitus
  • ハンドルバー: Vitus
  • サドル: Vitus
  • シートポスト: Vitus

シマノTiagra10速仕様だが、フレームは正真正銘のカーボンフレーム。もちろんフォークもカーボン製。

機械式ディスクブレーキTRP Spyre-Cはワイヤー式のディスクだが、シマノ製などと違いデュアルポッドキャリパーで安定性抜群。

ディスクプレートも安定の160mmで安心感抜群。

予算が限られているなら、10万ちょいで買えるこいつで決まりではないだろうか。日本到着時に税金で1万円弱程度かかることは念頭に置いておこう。

タイヤもコンチウルトラスポーツ28cでいいんじゃない?安定性は抜群。オレこのタイヤで九州ヘブンウィーク1500km走ったけど快適だったよ。

Vitus Venon CR Disc (105) 2018

Vitus Venon CR Disc (105) 2018

  • Chain Reaction Cycles UK:¥136,499
  • フレーム: 高弾性 T700 カーボン、142x12mm TA
  • フォーク: カーボン、100x12mm TA
  • クランクセット: Shimano 105、52/36T
  • ヘッドセット: Token インテグレーテッドアヘッドテーパード、1-1/8インチ
  • ボトムブラケット: Shimano BB 386EVO
  • ブレーキ/シフトレバー: Shimano 105
  • フロントディレイラー: Shimano 105、直付けタイプ
  • リアディレイラー: Shimano 105、11スピード
  • カセット: Shimano 105、11スピード、11-28T
  • チェーン: KMC X11
  • ホイールセット: DT Swiss E1800
  • タイヤ: Continental Ultra sport II、700x28c
  • ブレーキキャリパー: Shimano BR-RS505
  • シートポスト: Vitus、アロイ
  • ステム: Vitus、アロイ
  • シートポスト: Vitus、カーボン
  • サドル: Vitus
  • 重量: 8.87kg

バイク予算に15万出せるなら、絶対このバイクにするべき。上記の10万カーボンバイクもいいが、こっちは11速だし、油圧ディスクブレーキだし、ホイールがDT Swiss E1800だ!

こちらもカーボンフレームでコンポーネントはシマノ105という構成。当然カセットは11速。アクスルも12mmのスルーアクスル。

特筆するべきはブレーキが油圧ディスクブレーキということ。キャリパーはShimano BR-RS505となっている。105レベルね。オレも使っているけど160mmプレートで安定したブレーキングよ。イタリアAlpi4000でアルプス走ったけどダウンヒル全く問題なし。

さらにびっくりすることにホイールがDT Swiss E1800よ!このホイールけっこう高い。

フレームサイズもほぼそろっている。もし廉価でカーボンフレームロードバイクを探しているなら、これで決まりではないだろうか?

Vitus Venon CRW Disc (105)

Vitus Venon CRW Disc (105)

  • Chain Reaction Cycles UK:¥136,499
  • フレーム: カーボン、UD、142x12mm TA
  • フォーク: カーボン、100x12mm TA
  • クランクセット: Shimano 105、52/36T
  • ヘッドセット: Token インテグレーテッドアヘッドテーパード、1-1/8インチ
  • ボトムブラケット: Shimano BB 386EVO
  • ブレーキ/シフトレバー: Shimano 105
  • フロントディレイラー: Shimano 105、直付けタイプ
  • リアディレイラー: Shimano 105、11スピード
  • カセット: Shimano 105、11スピード、11-28T
  • チェーン: KMC X11
  • ホイールセット: DT Swiss E1800
  • タイヤ: Continental Ultra sport II、700x28c
  • ブレーキキャリパー: Shimano BR-RS505
  • シートポスト: Vitus、アロイ
  • ステム: Vitus、アロイ
  • シートポスト: Vitus、カーボン
  • サドル: Vitus
  • 重量: 9.05kg

そして、この「Vitus Venon CR Disc 105モデル」には女性用モデルもラインナップされている。マジか。

カーボンフレームでシマノ105で油圧ディスクブレーキでDT Swiss E1800ホイールで13万円台よ?

同じ価格だと国内購入ロードバイクは、ほぼ間違いなくアルミフレームでコンポはSORAだろ?SORAのブレーキなんて効くか?女性には酷。

握力弱い、腕力が弱い女性にはぜひとも油圧ディスクブレーキバイクに乗ってもらいたい。マジでブレーキが楽。

フレームが小さめであるだけで、その他や上記の「Vitus Venon CR Disc 105モデル」と同一と思われる。ホイールもDT Swiss E1800でカタログ重量はペアで1655gと軽量(アマゾン)!

重たいアルミフレームに効かないブレーキだと、ロードバイク乗るのつまんない。女性こそぜひ軽量カーボンバイクにコンポも11速、油圧ディスクブレーキで快適なライディングを楽しんでほしいと思う。

まとめ

カーボンロードバイクのこの価格を見て、ちょっとびっくりする人もいるだろう。10万ちょいでカーボンフレームでシマノ105コンポ搭載のロードバイクなんて国内販売では見ないでしょ。

たぶん、この構成だと20万。へたすると30万にリーチするかも。

国内販売をディスるわけではないが、何事も初めてやる時・・・そう、イニシャルコストは押さえたいと考える。ショップへの信頼とかアドバイスと言うかもしれないが、それにしては価格の開きがありすぎる・・・

オレはロードバイクに30万とか出せないな・・・長女のカーボンDi2ロードバイクも22万だったし(うちのバイクの最高値)。

まー、というわけで、そんな選択肢もあるということ。これからロードバイク買う方の参考になればと思う。

↓↓ワンクリックです。ぜひ記事を評価してください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 人の評価, 平均: 5.00 out of 5)
読み込み中...
こちらも見てみませんか?