手頃(10万円以下)なロードバイク・ディスクブレーキホイール比較

Cube Agree C:62 ディスクをCRCで購入してしまった。

どうやら来週にはバイクは来るようだ。うれしい。

ところでディスクブレーキロードバイクなので、ホイールはバッチリと重たい。

現状使っているフルクラムレーシングゼロはかなり軽いのだが・・・

さらに太めのタイヤを履くとなると、もともと遅い、苦手なヒルクライムが、ますますきつくなる。

というわけで、ゆくゆくは交換するであろうディスクブレーキのホイールをチェックしてみた。




10万円以下ロードバイク・ディスクブレーキホイール比較

オレの買ったCube Agree C:62 ディスク。

シマノ105ベースのカーボンフレームロードバイク。

Cube Agree C:62 ディスク 購入【20万円以下カーボンディスクバイク】
Cube Agree C:62 ディスク 2017を買っちゃったぞ。 今乗っているカーボンバイクが年を開けると丸5年をむかえる。さらにいろ...

で、コイツについているホイールは以下になっている。

  • Fulcrum Racing 77 Disc、100x12mm /142x12mm
  • Rim profile: For disc brake:specific
  • Tire Type: Clincher
  • Freewheel: Shimano/SRAM 9-/10-/11-speed
  • Wheelsize: 28"
  • Dimension: 622x17C
  • Rim Height: 27.5mm
  • Rim External Width: 22mm
  • SpokesType: Standard 2mm
  • Holes/Spokes: Front 21 / Rear 21
  • Mounting Width: Front 9x100mm / Rear 10x135mm
  • Lacing: Front – radial (left) crossed (right) / Rear – radial (left) crossed (right)
  • Brake System: Disc 6-hole
  • approx 1920g (pair)

さすがにホイール重量が前後で1920gもある。これは重い。レーシングゼロより400gくらい重い。

というわけで、せめてもう少し軽いホイールをちょっとチェックする。

予算は10万以下。できれば5-6万円くらいだとウレシイぞ。

Fulcrum – Racing (レーシング) 5 LG ディスクロードホイール 2017

Fulcrum - Racing (レーシング) 5 LG ディスクロードホイール 2017

  • Chain Reaction Cycles UK:32406円
  • Wiggle Online Cycle Shop:31284円
  • アルミニウム製リムとステンレススチール製スポーク
  • AFS (センターロック) と 6本ボルトに対応できるボルトスルーハブ
  • スポーク数: 21本 (フロント)、21本 (リア)
  • 重量: 1715g

Campagnolo Zonda (ゾンダ) C17 ディスクロードホイールセット 2017

Campagnolo Zonda (ゾンダ) C17 ディスクロードホイールセット 2017

  • Chain Reaction Cycles UK:51572 – 54878円
  • Wiggle Online Cycle Shop:52895円
  • 非対称リムプロファイル (26mm – 28mm)、切削加工済みリム: 切削加工により周縁部の軽量化が実現し、ホイールの反応性が大幅に向上しています。
  • ステンレススチールスポーク 21本、Mega-G3 システム採用: 抜群の剛性や反応性、フロントのブレーキ側とリアのカセット側の補強を実現します。 真のレース仕様ホイールセットです。
  • フロントハブ: QR、幅 100mm
  • リアハブ: QR アクスル、幅 135mm
  • 重量: 1.675kg

Prime – RR-28 カーボンクリンチャーディスクロードホイールセット

Prime - RR-28 カーボンクリンチャーディスクロードホイールセット

  • Chain Reaction Cycles UK:65625円
  • Wiggle Online Cycle Shop:65624円
  • Prime (プライム) クイックリリーススキュワー
  • QR / 12mm / 15mm (フロント) ? QR / 12mm x 142mm (リア) 用アダプターキット
  • スペアスポーク x 3:フロント 1、リア x2 (ドライバーサイド 1 / ドライバー再度以外 1)
  • ニップル x3
  • 重量:フロント 764g、リア 870g
  • ホイールセット総重量:1634g

Prime – RP-28 カーボンクリンチャーディスクロードホイールセット

Prime - RP-28 カーボンクリンチャーディスクロードホイールセット

  • Chain Reaction Cycles UK:78750円
  • Wiggle Online Cycle Shop:78750円
  • Prime (プライム) クイックリリーススキュワー
  • QR / 12mm / 15mm (フロント) ? QR / 12mm x 142mm (リア) 用アダプターキット
  • チューブレスバルブ x 2 (取り付け済み)
  • チューブレステープ (取り付け済み)
  • スペアスポーク x 3:フロント 1、リア x2 (ドライバーサイド 1 / ドライバー再度以外 1)
  • ニップル x3
  • 重量:フロント 670g、リア 809g
  • ホイールセット総重量:1479g

まとめ

とりあえず、フルクラムやカンパのホイールがある。

レーシング5とゾンダだけど、このくらいならまぁ納得かね。

CRCなどのプライベートブランドであるPrimoホイールはかなりいい感じ。s

Prime – RP-28 カーボンクリンチャーディスクなら約8万円で1500gを切っている。このあたりかな。あっ、センターロックとか6つ穴とかもあるんだよね。そのあたりもチェックしなくては・・・

まずはバイクが来て、一発走ってみてからだね。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする