ブルベ・ロングライドでおすすめ!フロントポーチ

ハンドル周り、ハンドルとステムに共締めするフロントポーチは本当に便利だ。

特にブルベやロングライドでの補給食を入れておくバッグとして、このフロントポーチはホントおすすめ。使い勝手抜群だ。

とにかく手元にポケットがあると、ちょっとしたものを入れておく場所ができ、また視線を落とすと、そこにあるのでカメラやスマホを入れるのにも最高。

フロント周りに取り付けるポーチは、けっこう少ない。その中でも使い勝手が良いフロントポーチを紹介するよ。




R250 フロントポーチ レギュラー ブラック

R250(アールニーゴーマル) フロントポーチ レギュラー ブラック WWW-L-FPOUCHR-BK ブラック レギュラー

  • ステム、ハンドル、フォークの3点にがっちり留めることができます
  • トップチューブバッグのようにダンシングしたとき膝が当たることもありません
  • 自転車用のボトルがすっぽり入る太さです。ボトルの上部ははみ出ますが、防水ではありません
  • 幅:100mm 奥行:70mm 高さ:170~240mm
  • 重さ:65g
  • 容量:0.8L

500ml程度のペットボトルが余裕で入ってしまう容量があるフロントポーチ。

デジカメ、スマートフォン、補給食、なんでも飲み込んでしまう。

R250 フロントポーチ ラージ ブラック

R250(アールニーゴーマル) フロントポーチ ラージ ブラック R25-L-FPOUCHL-BK ブラック ラージ

  • 更に大型に、ちょっとした停車時間でも、携帯食やボトル、スマホやカメラをさっと取れる便利なポーチ
  • トップチューブバッグのようにダンシングしたとき膝が当たることもありません
  • 自転車用のボトルがすっぽり入る太さです。ボトルの上部ははみ出ますが、防水ではありません
  • 幅:110mm 奥行:80mm 高さ:200~290mm
  • 重さ:80g
  • 容量:1.1L 大型サイズ

コレはかなりの大容量。サイズ的には1.5Lペットボトルも入ってしまう口径となっている。蓋の部分を伸ばせば高さ290mmまで伸ばせ、相当な量が入る。

ハンドリングに影響が出るのではないかというくらいの大容量だ。補給食も相当量入ってしまうだろう。

C3(サイクルキャンペイナーコープス) 自転車用ハンドルポーチ

C3(サイクルキャンペイナーコープス) 自転車用ハンドルポーチ

  • 自転車のステム横に装着。ドリンクホルダーにも小物入れにもなる、マルチに使える便利なポーチ
  • サイクルボトル・ペットボトル・補給食・スマートフォン・モバイルバッテリーなどの収納に使えます
  • 寸法:高さ17cm・外径約10cm・内径約8cm
  • 重量:約70g
  • 素材:ナイロン・ポリエステル等

ポーチ外周がメッシュポケットなっている。簡単な補給食を外側に入れておくと便利。

蓋部は巾着仕様になっている。

C3(サイクルキャンペイナーコープス) 自転車用ハンドルポーチ

C3(サイクルキャンペイナーコープス) 自転車用ハンドルポーチ

  • 自転車のステム横に装着。ハンドルのすぐそばに小物の収納スペースが作れる便利なポーチ
  • 「ステムが前方に突き出している車種」に取り付けできます
  • 寸法:高さ16cm(内寸15cm)・横幅10cm(内寸8cm)・奥行9cm(内寸7cm)
  • 重量:約90g
  • 素材:ナイロン・ポリエステル等

横幅10cmほどのポーチ。きちんとしたフタがついているので、デジカメやスマホの収納に便利。

このポーチをハンドル右側、上記のポーチをハンドル左側につけるとバッチリだ!

まとめ

このようなポーチがハンドルについていると、本当に便利だ。

補給食はもちろん、スマホやデジカメなどポイッと入れておくことができる。

ところで、オレのバイクはDHバーがついていることが多い。DHバーがついていると、この手のポーチをステムに取り付けることが難しい。

ペットボトルポーチ

そこで、1.5Lペットボトルを切って、横に穴を開けてタイラップでDHバーに取り付け、簡易ポシェットにしている。コレはホント便利。

ちょうど補給食やスナックなどを入れておくことができるわけだ。ゴミが出たら、このポシェットに突っ込んでおける。

軽量で使い勝手抜群のハンドル周りポシェットを導入してみてはどうだろう。

ぜひこちらの記事を評価して下さい。(★をワンクリックです)

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価無しです。ぜひご評価下さい)
Loading...

 

スポンサードリンク




こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする