悪いことは言わない。ブルベで雨ならDNSしとけ

ブルベで雨ならDNSしとけ・・・そのご提案です。季節も暖かくなり、またさらに梅雨の季節が来ると週間天気予報が非常に気になります。雨が降る中を走るロードバイクほど楽しくないものはありません。今回もほぼ修行の様相を呈していますが、いかがお過ごしでしょう。こんにちは、Yasuです。

これまでも、たくさんの雨の中を走破してきた私ですが、あなたも同様にとんでもない雨の中をゴール目指して走った思い出があるのではないでしょうか・・・?

通常、ロードバイクで走る場合、その日が雨の場合、かなり大きなイベントではない限り、走ることは取りやめるのではないでしょうか。

私はブルベにしてもバイク乗るにしても、雨は出ていかない、DNSをするということを基本姿勢としています。

しかし、いろいろな諸事情により、雨でもDNSせずに走ることを選択する場合があります・・・

なぜDNSしない?

明日の天気予報をみると、悲しいかな朝から深夜まで降り続けるという予想を、詳細天気図とともにお気に入りのお天気おねーさんが解説しています。

オレの願いもかなわず、終日雨という現実を突きつけられ、玉砕覚悟の出走か?勇気ある撤退かを考えている前夜・・・・それでもDNSを何故しない?

せっかくの休みが取れたから

せっかく休みが取れたから、行かなくてはいけないんだ!この休みを逃したら・・・次はいつ走れるかわからない。

その気持は痛いほどよくわかります。

しかし、そのような場合こそ、勇気ある撤退を選択する心の余裕は必要と思います。次もあります。

リスクをおかして、得られるものはそう多くありません。

敗戦処理が半分まで行ったところでは、電車代がさらにのしかかりお小遣いも底をつくでしょう。勇気ある撤退(DNS)はメリットが多いこと気づきましょう。

弱い自分に打ち勝つ!

まぁ、そう思って雨の中のブルベ出走もいいのですが、自分の弱さを認めてあげるのも、その世界で「長生き」できるための秘訣です。

辛いことが多いと、いきなりイヤになります。

弱い自分に打ち勝ってハードルを上げてもいいことはそうありません。なぜなら時間がたてば年齢は上がっていきます。

10代で年齢が上がるのと40代で年齢が上がるのでは意味が違います。年齢が上がったらハードルを下げる。この精神はいろいろな意味で負担を減らすと信じています。

そこに道があるから

そこに道があるから・・・そう思って出走するのもありっちゃ、ありですが・・・そんな理由でこの雨の中を行くのは無謀以外なにモノでもありません

道があっても、雨風が視界をさえぎります。カットオフギリギリで、ちょうど折り返しのコンビニに到着したアタナの目は、もはや雨水なのか涙なのかわかりません

そんな状況で・・そこにあった道が土砂崩れで通行止めになった日には目も当てられません。

さらに追い打ちをかけるようにJRも運休になろうものなら、帰る道も閉ざされます。

これ完走すればSRだから

この600kmを完走すれば、初のSR取得だ!その気持ち痛いほどわかります。

しかし、SRを取ったからと言って、もらえるモノは(申請した)メダルだけです。

SRが必要なのはPBPの時だけです。そこまでがんばらなくても神様は見ていてくれます。

ブルベ・ロングライドを雨でDNSする5つの理由

ブルベやロングライドのスタートをする朝・・・雨だった。そう今日のようにしとしと雨が降っている場合、オレはけっこう迷わずDNSをします。

今日は待ちに待ったブルベの日。しかし、昨日の天気予報より雨が降る可能性90%・・・あなたならどうします?

そんなブルベ・ロングライドを雨でDNSする5つの理由・言い訳を並べてみました。

サイクリングが楽しくない

えっと、そもそも雨のサイクリングは楽しくないです。

車で雨のドライブって、けっこうキライではないです。でも雨のサイクリングは楽しくないです。辛いだけです。どこに楽しさを見い出せばいいのかわかりません。

雨の中でやって楽しいスポーツなんて・・・一つもないはず。相手ありきで勝敗があるのなら雨が味方になることもあるでしょう。

しかし、一般人が楽しみでやっているスポーツやイベントで雨が楽しい、うれしいことは一つもない。キツイだけ。

景色も視界も悪いし、ガスっているし、上から降る雨水に加え、タイヤが巻き上げる水しぶきがさらに追い打ちをかける。

何が楽しいんだ?オレは一体何をやっているんだ?

視界が悪い・安全確保が難しい

雨は視界が悪いです。あたりまえ。

路肩は水たまりで穴やうねり、轍が非常に見にくくなり、走行ラインの確保も大変。

前方視界は当然悪く、見通しもきかない。視野も狭いし、遠くまで見通せない。悪いことだらけ。

こうなると注意力も判断力も散漫になる。と、ここまでは自分だけの問題だが、実はこの視界が悪い、安全ではないというのは自身だけではない。

1番の問題は同じ道路に走っている車も視界が悪い・・・ということだ。つまり、車から自転車の存在が非常に見にくいということ。

また、こんな雨の中、まさか自転車が走っているなんて、けっこうなドライバーが思うだろう。

明るい日中ならまだしも、暗い朝方、夕方、真夜中など、雨が降っていなくても視界が悪いのに、雨が降っていれば、さらに我々自転車の存在は目立たなくなることうけあいだ。

特に四六時中、車の往来がある日本で雨中走行はやりたくない。

鼻喉が弱いのでカゼをひきそう

オレ、実は喉・鼻がけっこう弱い。寒いとすぐにゲホゲホしだす。

それがサイクリングだと、もっと状況は悪くなるでしょ?雨中、レインジャケット着た状態で峠を登る。汗をかく。ダウンヒルでしこたま冷える・・・

考えただけでくしゃみが出そうですよ。

寒いサイクリングはホントきらいです。

バイク・ウェア・グッズが痛む

雨の中バイクで走る。それも数十キロとか通学とか通勤とか・・・常識範囲の距離であればいい。しかしブルベ・ロングライドは違うだろ?

距離が長過ぎる。雨中にロードバイクで200kmとか300kmとか400kmとかを走るのはキチガイだが、それを支えているロードバイク・自転車はたまったものではない。

当然だが、バイクはかなり痛む。ブレーキシューなんて悲惨だ。ホイールなんてデロデロ・・・

また、雨の中はパンクがしやすいのはかなりイヤ。

当然だが、ウェア類、レインジャケット、シューズ、グローブ、ヘルメットに至るまで全てのアイテム、グッズが痛む、寿命が短くなる。

高価なガーミンGPSやスマホ、iPhone、電子機器、ガジェットなどが水没して壊れたら、泣くに泣けない。それらの雨対策も面倒だ・・・

水に濡れるのがキライ

えっと、実は水に濡れるのがマジでキライなんです。オレ。風呂、温泉以外で体が濡れることを極端にキライます。個人的感想ですまん。

なので、プールには行っても入りません。海も海辺でビールだけです。海水浴なんて足首まで入るのが精一杯。つーか、海に入ったなんて10年レベルで記憶にない。

夏にふざけて水をかけられようものなら、マジで本気で怒ります。そのくらい水に濡れるのがキライです。不快です。

中学校まで水泳の授業はほとんどサボった。そのくらい小さいときから水に濡れるのが大キライ。当然泳げない。カナヅチ。(ちなみにウチの長女もカナヅチだ・・)

とにかく水に濡れることが非常にキライ。傘とか大っ嫌いだ。

こんなにキライなのに、雨中に自転車乗るなんてありえないだろ?

それでもDNSしないあなたに

オレ的には雨のブルベはできるだけ走らないを基本姿勢にしている。

長く続けるためにはリスクを犯さない、精神的負担をかけない、安全に無事故で無事に帰るということを最重要課題としている。

しかし、それでも走らなくてはいけない場合が出てくる。そんな時気をつけることを確認してみる。

ディスクブレーキバイクで走る

いや、マジでディスクブレーキロードバイクは雨にはよかった。マジで。ブレーキの効き、安定性はキャリパーブレーキでは不可能だろう。

もしあなたがロードバイクを複数台所持していて、その中にディスクブレーキロードバイクがあれば、迷わずディスクブレーキを選択しよう。

雨装備をきちんとする

雨をナメてはいけない。夏の雨でも体が冷える場合がある。

視界も悪くなる、さらにあなたの存在も薄くなる。なので、レインジャケットはもちろんだが、バイクの装備も雨装備にぬかり無いようにしよう。

400km、600kmであれば、着替えの準備も必要になると思う。

雨の情報をきちんと把握する

人間・・弱っているときほど、情報が非常に大切になる。今は強い雨も、あと2時間もすれば晴れ間が出てくると言う情報があれば、目の前にある「JRの駅」の誘惑を振り切れるというものだ。

この雨は、いつまで降って、いつあがるのか。そのような情報は、絶対に必要だ。心の余裕も違う。

ただ、一点気をつけるのは、このような情報を「サイクリスト」からもらうな。絶対に自分で確認をしよう。サイクリストは基本的に「嘘つき」ということをあなたも知っているよな?

風の情報も把握する

風の情報も大切になってくる。雨は基本的に西から東の方へ移っていく。しかし、風はけっこう気まぐれだ。いつも西風とは限らない。

雨がやんでくる時間帯を照らし合わせ、今回走るブルベルートに対し、風は終日どのような感じなのかを把握することはとても大切。

そういえば・・・2014年に走ったアタック日本縦断の下関スタート1000kmはスタートからずっと雨と一緒に移動・・・さらに東風のオマケ付きという修行の場であった。

ブレーキシュー予備・チェーンオイルを持つ

予備パーツにも気を使おう。特にブレーキシューがなくなると、かなりキビしい。またチェーンもシャリシャリ言い出すと、弱っている心にさらに追い打ちをかける。グリスなんかも持っているといいよね。

この手の予備パーツは、お守り、心の糧というもの。重量は重くない。必ずツールボトルの中に入れておこう。

DNFポイントを見極める

雨のブルベエントリーで、大切なのはDNFポイントの見極め。とにかくグダグダ行って、スタートから一番遠いところでDNFは心にも財布にも時間にもイタイ。

2015年比布発の北海道PBP1000kmでスタートから一番遠い標津とかでDNFした人なんて・・・どうやって帰ってきたのか見当がつかないぞ。

その日の調子もあるとは思うが、ある程度のところで見切りをつけられる、自身が納得するDNFポイントをチェックしておくことは大人として、とても大切なことだ。約束だぞ!

日中でも前後ライトを点けよう

雨のロードバイクは車から非常に見にくくなる。反射ベストを着ているかもしれないが、ロードバイクが反射ベストを着ているなんてことを理解しているのはブルベを知っている人だけだ。

普通の人は反射ベストが道路走っているなんて知らない。ましてや、このとんでもない雨の中を自転車が、こんなとこ走っているなんて夢にも思わない。

というわけで、雨のブルベは必ずヘッドライト、テールライトを点けることを実行しよう。ライトであれば、車両が走っていることを周りに知らせることができる。

そして、複数のライトを付けることで、その視認性も高まるぞ。

雨で走る意義を持つ

雨で走る場合は、その雨のブルベを走る意味・意義をきちんと持つことだ。いわゆるモチベーションがどこにあるかということ。

前述のSR取得というのもありだし、オレ的には次のRM1200kmの雨練習とアイテムテストという場合が多い。

特に新しく導入するウェアやグッズは実戦の場でしか、その効果や実力がわからない。そう、本番だけどいつも練習やテストというわけね。

そういう意味では、2018年ヘブンの指宿600km暴風雨はディスクブレーキの効果を非常に実感した場であった。

まとめ

というわけで、雨のブルベ・ロングライドは百害あって一利なし・・・とまでは言えない。なぜなら、遠征ブルベ、海外ブルベはDNSしないから。なので、練習はしないといけない。まぁ、アレだ。雨はあかん。

できれば走りたくないシチュエーションだよね。だからこそ、雨ブルベの場合は勇気ある撤退を念頭に置いて、出走する場合は、その意味、意義をキッチリしておくことはいいと思う。

その上で、ホント出走するなら、事前準備はマジで大切。雨のブルベも悪いことばかりではない。長い時間自転車で雨中走っていて、だんだんと雲が切れ陽が出て暖かくなってくると、すごいうれしい。

また雨上がりの景色って、すごいキレイだ。虹なんて出ようものなら最高だろう・・・・しかし・・・やっぱDNSして阿鼻叫喚ツイッターでも追っているのが一番楽しいかもよ

・・・参考にならずスマン。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でyasu@ブルベ人中の人をフォローしよう!

↓↓ワンクリックです。まーまーえーじゃん、だめぢやんなど・・ぜひ記事を評価してください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (24 人の評価, 平均: 4.54 out of 5)
読み込み中...
こちらも見てみませんか?