Alpi4000 Day3:Lanslebourg→ La Thuile→Biella 260km

とうとうAlpi4000も3日目に突入をした。この3日目はヨーロッパの標高1位となるイズラン峠を登る。ツール・ド・フランスのアルプス超えステージで取り入れられたこともある、このイズラン峠の標高は2770mとなっている。

さらに、この日はイズランに続きグラン・サン・ベルナルド峠も2188m・・・マジか。

さらにビエラに戻る手前には1000m超えの峠が有り・・・オレは帰ってこられるのだろうか??




Stage 7 Lanslebourg – La Thuile 101km

しかし、多分、この3日目のアルプスステージを超えれば、400kmのフラットステージとなり、多少ゆるく・・・ならないだろうな。外界は灼熱地獄。

いつまでも楽をさせてくれないようだ。

4時半起床で5時頃コントロールへ戻り、朝食をいただく。

チェックポイントへもどる。まぁ、ホテルとは目と鼻の先。

コントロールもかなり閑散としてきている。

5時半過ぎにリスタート。イズラン峠へアタック開始・・・・何時頃超えられるかな。当初の予想ではこのステージ14時にクリア予定。

100km程度のステージだけど、たっぷり9時間見ているよ。

だんだんと夜が明けてくる。と同時に次第に暑くなってくる。山陰より日が出る前に、できるだけ前に進みたい。

しかし、車で走る分には爽やかできれいな景色だけど、ボロボロ自転車だと、かなり過酷よね。こんなロングストレート、絶望感でしか無い・・・

とうとう夜が明けてくる。

麓の町をクリアして、ここからイズラン峠へ本格的な上りスタート。

イズラン峠はオープンのようだ。

こんなつづら折れが延々続く。

さっきクリア下町があんな下界にある。かなり登った・・・が。

残り8kmの表示が出てくる。きつい。

日陰できれいな場所は躊躇なく休む。かなりきつい。時計を見ると8時過ぎ。

みんなもあちこちで休みながらイズランアタック。

あちこちに残雪も見えてくる。相当標高を稼いだ・・・きつい、つらい。

ヘロヘロ、イズラン峠到着・・・時計を見ると9時20分。登り約33kmを4時間程度かかかった。きつい。さて、ダウンヒルね。

ここから一気に麓まで30kmほど下る。標高も一気に1600mほど下る。

麓の町でカフェタイム。またココから登りが始まる。セントバーナードまで1000mくらい登る。きつい。時計を見ると10時。

当初の予定では、このステージ14時で完了をするはずだが・・・だんだん後ろに倒れていく。前倒しは厳しいが後ろ倒しは得意という状況。

「Piccolo San Bernardo」に向かって登っていく。これまたきつい。

さらに今日は暑い・・・

峠へ近づく。

たぶん、これが峠のピークだろう。

「Piccolo San Bernardo」到着。やれやれ。2188m。今日は朝5時から走り始めて、まだ90kmも行っていない。しかし時計を見るとすでに14時半。

かなり予定より遅れている。今日ビエラに帰るのは一体何時になるんだろう。

セントバーナード犬、発祥の地とのことだ。

峠の茶屋でスクイーズをいただく。その後このベンチで昼寝20分。気持ちいいが、どんどん時間はなくなる。やばい。

リスタート、ダウンヒル。今日1つ目のコントロールまで10kmほどダウンヒル。

La Thuileコントロールが見えてきた。

La Thuile到着。今日1つ目のステージ101kmをクリアした。チェックタイム15時23分。おいおい、10時間以上かかっているじゃん・・・やべー。

予定14時が1時間半後ろ倒し。そのツケは睡眠時間に影響する。

といっても、休まなきゃダメ。

ゆっくり目で走っているので、お腹の調子はよい。まだこんなパスタやライスを食える。

というわけで、大ボス2つクリアした。ビエラ手前にある小ボスも大変そうだが・・・・

Stage 8 – La Thuile – Biella 150km

前半の100kmを10時間以上かけてしまい、残り150km・・・修行の様相を呈して生きている。一体何時にコントロール着くのだろう・・・

このパートだけ見ればるんるんサイクリングだが、相当来ている。

そして、マジで暑い。

水がやばくなったのでカフェに飛び込む。

コーラとレッドブル。こんなものをまだお腹が受け付けるのが救い。時計見ると19時半。

夜が迫ってくる。

そして、この後一切画像なし。相当来ていたのだろう。マジで辛かったもん。

ビエラ・・・しぬ。

BIELLA到着、やれやれ150kmの工程をクリアしたが、到着時刻は日付の変わった2時38分・・・マジか。

なんで、みんな廊下に寝ているかと言うと、仮眠室はけっこう暑いですよ。なので、廊下に寝ているものと思われる。あと、廊下のほうが気軽、手軽というのもある。

というわけで、3日目終了。ここまで778kmを消化した。

カットオフタイム、ここビエラは朝の10時となっていて、現時点で約7時間のマージンがある。

しかし、4時過ぎには起きて5時には出ないとマジヤバそうだ。特に明日・・・いや今日は灼熱どフラット400kmがまっている。

シャワーソッコーあびて、着替えて、そこらの空いたマットに倒れた。瞬殺気絶。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする