Alpi4000 Day4:Biella→ Pavia→Piadena→Pieve di Coriano 318km

Alpi4000最大の山場である昨日3日目を無事・・・ではないけど、なんとかBiellaに戻ってくることができた。特に最後の峠はキツかった。結局Biellaに戻ってきたのは日付の変わった2時半過ぎ。

予定は0時だったので、余裕で3時間近く後ろ倒し。マジで大丈夫か?

そして、Alpi4000は4日目佳境に入っていく。この日、全体を通しての1番の長丁場。次のステージ12の中間にある「Mantova」に宿をとった。約360km付近か。たぶん夜明けを覚悟。

そもそも、そこへたどり着くのであろうか?




Stage 9 – Biella – Pavia 127km

4時半に起きて、トラックの向う側にある食事するトコへ向かう。ちなみにこれが食事する場所で、フィールドの向う側にある観戦場の下がシャワーや仮眠所となっている。

なんだかライダーの数もまばらで、いったいみんなどこにいるのだろうという感覚。たぶん、半分よりも後ろの方を走っているんだろうな・・・そんな感じ。

そんなことをグダグダ考えていたら、なんとクロワッサンが焼き上がったようだ。チョコとクリームのクロワッサンが焼きたて。マジでうまい。

というわけで、「Mantova」へ向けて出発。約360km・・・長い1日になりそうだ。ホント着くのだろうか。朝から、すでに暑いし・・・

日が昇り始める。暑い1日が始まる。

イタリアは、オーストラリアやアメリカと違い、ちょくちょく街が出てくる。ちょっと、それは助かる。で、このようなカフェで一休みするわけ。

今日もマジで暑い。アイスとカプチーノ。

延々と酷暑の中を走る。ただ、日本と比べ湿気は少な目なのがちょっと助かる。

街の外れに・・・足湯、いや足浴発見。木陰にバイクを止め、みんな足をクールダウンしている。

オレもシューズとソックス脱いで水に足を沈めた。まじで気持ちよかった。

Paviaの街に入る。橋の上に施設がある。多分歴史的建造物なのだろう。

街中を抜け・・・

Paviaのコントロールに到着をした。Biellaより127km消化。チェックタイム12時15分。

この4日目で127kmを約7時間なので、まぁまぁではないだろうか。とにかく暑い・・・

Paviaのコントロール。仮眠所はなかった。あればちょっと横になりたかった。

とにかく暑い。なので、塩分と糖分。コントロールには甘い系の補給食はけっこうあるが、塩分系のスナックなどはない。なので、ポテチを買う。1ユーロ。

それにジャイアントコーンと補給用の水。腹の調子は悪くない。ただ腹が減っているのか、どうなのかよくわからなくなっている。

やはぎさんより差し入れ。シーフードフライ、ポテトフライ。フィッシュアンドチップス+エビ・イカフライ。これがマジでウマかった。

これがマジでうまいということは、腹の調子は悪くない。テキトウに腹も減っているようだ。ごちそうさまでした!

というわけで、リスタート。

Stage 10 – Pavia – Piadena 111km

灼熱地獄のイタリアの田園風景の中を走る。

そして、小さいな街の真ん中には小さな教会・・・景色はホント飽きないなー

ガスステーションとカフェ併設されていると、迷わず寄る。なんといってもきちんとしたテーブルとイスがあり、冷房がきいている。

とにかく体をクールダウンさせたい。今日1つ目のレッドブル注入。

歴史ありそうな町中を抜ける。

で、ガスステーションでアイスとコーラ。マジでうまい。4日目でこんなコーラ飲めるのだから、腹の調子は問題なしと判断していいだろう。

やはり前半のアルプスステージでムリをしなかったのが良かったと感じる。この酷暑でもとりあえず、コーラ飲めるし、食事もうまい。

リスタート。歴史のある街中はいいのだけど、この石畳は、まじかんべん・・・

これもマジで歴史ありそうな大聖堂。

ガーミンに目を落とすと・・・1000km超えていた。あと500kmか。けっこう長い。

通常のRM1200kmなら、最終日となる今日だが、まだ明日、明後日と2日残す。

Piadenaの街が見えてきた。

へろへろPiadenaに到着。

雰囲気ある街中を抜ける。

Piadenaコントロール到着。今日238km消化。チェックタイム20時21分。約240kmに15時間チョイかかっている・・・やばい。

ウチラの宿のある「Mantova」まであと120kmか・・・けっこう絶望。6時間だと深夜2時。9時間だと朝5時・・・

とりあえず、コントロールに座る。

3分の2は通過していると思われる。もっとかな?

疲れと暑さで、けっこう来ている。教会奥の広場で寝ることができた。マットも提供されている。日も陰り、適当に涼しくなってきているので、20分ほど仮眠。

仮眠なのに、マジでマットに横になると瞬殺される。やばいなーw

Stage 11 – Piadena – Pieve di Coriano 80km

リスタート。Pieve di Corianoまで80kmだが。我々の「Mantova」まではさらに40km行かなくてはいけない。あかん。

日が陰っても、けっこう気温は落ちない。それでも日中よりは走りやすい。

ここも歴史ある街なのだろうか。振り返ると、今走ってきた町並みが塔の向こう側に見える。時計を見ると22時過ぎ。

日はとっぷり暮れ、あたりは真っ暗。眠さも襲ってくる時間帯・・・この後画像なし。

時計を見ると日付の変わった深夜2時前にコントロールPieve di Corianoの街明かりが見えてきた。

Pieve di Corianoに到着ヘロヘロ。

Pieve di Coriano到着。Biellaから318km走った。チェックタイム1時58分。この区間80kmを5時間近くかかっているw

あかん。

Pieve di Corianoのコントロール。

というわけで、我々は「Mantova」行きはあきらめた・・・

とりあえず、シャワーを浴びてハム、チーズを頂き、ビールを買った。ビール2ユーロ。

この時間に到着をして、ハム・チーズ・ビールイケるのだから腹の調子は絶好調と言っていいいだろう。さっさと食べて、3時前に寝た。

瞬殺しぼう。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする