ロードバイクに32cタイヤはありか?【軽量32cタイヤ4選】

ロードバイクに32cタイヤはどうだろう。このところのブルベやロングライドは好んで28cタイヤを使っている。この太さのタイヤを使い慣れてしまうと、たぶん細いタイヤには戻れない。

初めてロードバイクに乗った時(2012年ころ)のロードバイクタイヤは23cがメインだった。あれから約1cmも太くなっているのだから、かなりのもの。

この太いタイヤを使い始めると、23cタイヤの細いこと、心配なことこの上ない。28cでそう思うのだから32cなんてはこうものなら、相当な違和感を覚えるかもしれない。

マジで初めて28cタイヤのロードバイクまたがってハンドル越しに見るタイヤの太さはちょっとビビった。そんなワケで、軽そうな32cタイヤをチェックしてみた。

Continental Grand Prix 5000 ロードタイヤ

Continental Grand Prix 5000 ロードタイヤ

32cでも1本の重量が300gを切っている軽さ。CRCであれば1本5,000円を割っている導入のしやすさ。ダントツのおススメだろう。PBPパリ・ブレスト・パリはあんがいとこのタイヤはいいかもね。

Continental Gatorskin (ゲータースキン)

Continental Gatorskin (ゲータースキン)

ゲータスキンはその名の通り頑丈系タイヤ。ワニ革よ。サイドを含め頑丈そう。価格も導入しやすそうだ。

コンチネンタル UltraSport2 ウルトラスポーツ2

コンチネンタル UltraSport2 ウルトラスポーツ2

  • サイズ:700×32C
  • ETRTO:32-622
  • TPI:180
  • 重量:約350g

1本2,000円台で購入ができるウルトラスポーツ。少々重量があるがガマンできる範囲と思う。

パナレーサーグラベルキング チューブレスコンパーチブル

パナレーサーグラベルキング

  • サイズ:700×32C
  • ETRTO:32-622
  • 重量:約330g

過酷なコンディションに耐えれるように「ProTite Shield Plus」を採用して耐パンク性能をさらに高めた「グラベルキング」最強バージョン。太さも32cとこれまた最強。チューブレスラインナップ。

これならどこを走ってもマジ大丈夫。SR600四国山脈はコレで決まりかも。

まとめ

ロードバイク32cタイヤをチェックしてみたが、コンチネンタルGP5000シリーズにも32cサイズがある。重量も300gを切っているので、もしかしたら実戦に使えるかもしれない。

しかし、32cはかなり太い。25cから換装してもそうとう太く見えるだろう。逆に32cなんてはいてしまったら・・・25cタイヤが本当にか細く見えることうけあいだ。

ただ、このサイズのタイヤとなると、キャリパーブレーキではかなり難しいと考える。ディスクブレーキロードバイクの方は一考の価値あるかも。PBP前にちょっと考えてみようかな。

↓↓ワンクリックです。ぜひ記事を評価してください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (15 人の評価, 平均: 4.27 out of 5)
読み込み中...
こちらも見てみませんか?