北海道1200km対策:ブルべに最適なサイコンはどれだ?【CC-MC200Wがベストな5つの理由】

ブルべに最適なサイコンとはどのようなものだろう。

サイコンといえばキャットアイだが、その中でも定番中の定番である、「CC-MC200W」をベストサイコンとしたい。

CC-MC200Wがベストな5つの理由

CC-MC200W

なんといっても値段が安い

どこで買っても大体4,000円程度となっている。

ワイヤレスのサイコンのなかでも比較的買いやすい値段ではないだろうか。

走行距離が2つ記録できる

CC-MC200W

これがかなり便利だ。

たとえばスタートからトータルの距離、また区間距離などを別々に記録ができるように走行距離が2つ記録できる。

積算(オドメーター)は別にあるので、距離に関しては3つ記録できるのだ。

当然だが走行距離は任意の時点で0(リセット)できる。

ちなみにRM1200km走る場合、走行距離1にはスタートからゴールまでの積算。走行距離2には各日スタートに0にする。

速度・時計・走行距離の同時表示

けっこうあるようでないのが・・・この「速度」「時計」「走行距離」の同時表示だ。

サイコンたくさんあるけど・・・この時計を常時表示しているサイコンて、意外に少ない。

シンプルだがとても認識しやすいディスプレイ

時計の部分が独立して色分けされている。それがちょうど上下表示をセパレートしてくれている。非常に見やすい配置となっている。

信頼性抜群

はじめてこのサイコンを購入したのが2012年だ。もちろん、その時買ったヤツも全く問題なく稼働をしている。

こいつはオレのRM1200kmを何本も消化してきた。

雨だろうがなんだろうが、いつもステムにはりついていた。そして故障無しだ。

ウチのロードバイクにはすべてこいつがついている。

他のサイコンにする理由が全く無い。

各種画面

CC-MC200Wの各種画面を見てみてよう。切り替えは本体をタッチするだけだ。

走行時間

CC-MC200W

走行距離1・2

CC-MC200W

CC-MC200W

平均速度

CC-MC200W

最高速度

CC-MC200W

積算距離

CC-MC200W

ストップウォッチ

CC-MC200W

これらの画面が本体をタッチするだけで素早く変更ができる。

本当に必要な記録が、シンプルに凝縮されているサイコンだ。

逆にこれ以上の・・・たとえばケイデンスや心拍などはサイコンではなくガーミンなどに任せるべきだと思う。そう考えると、このサイコンはブルべだけではなく、ロードバイク用のベストサイコンと思う。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク