電熱グローブおススメ5選|ロードバイク暖かいグローブ

電熱グローブというのを見ていこう。寒い日のライド、冬の凍りつく朝のスタートなどはとにかく指先が凍えて辛い。シフティングはもちろん、ブレーキングがおろそかになるのもヤバい。

冬のブルベ、ロングライドで何が寒いかって、手、そして指先が凍えるのは本当に堪える。

練習やサイクリングコースなら数時間の我慢ですむが、ブルベであれば最低でも200kmを耐える必要が出てくる。

冬のロードバイクの指先保護は本当に大切だ。冬だからといって速度が落ちることはないが、操作性やブレーキングが寒さで遅れることは考えられる。

指先の防寒対策と言えば、やはりウィンターグローブとなる。

しかし、冬の寒さはそれだけでは防げない場合もある。そんな時に強い味方が電源付きの電熱グローブとなるだろう。

バッテリーを使用するため、電熱グローブを使える時間は限られる可能性はあるが、ここぞという時、早朝のブルべスタートなどでピンポイント使用もアリではないだろうか。

電熱グローブおススメ5選

自転車やロードバイクに使えるであろう、電熱グローブ・ヒーターグローブはさがすとけっこうある。

そして何と言ってもあのサイクリングアイテム、ウェアのトップブランドパールイズミが電熱グローブをラインナップされているのだからすばらしい。

当然値段は良い価格する。同様の電熱グローブ・ヒーターグローブで廉価版もいくつかあるので、合わせてチェックをしてみよう。

パールイズミ PEARL IZUMI HG03 サイクリング ヒーターグローブ

[パールイズミ] ヒーター グローブ 保温 防風透湿 サイクルウェア HG-03 メンズ

出典:アマゾン

  • メイン素材: ポリエステル
  • 素材構成: 手甲:ポリエステル、ポリウレタン
  • 対象 メンズ
  • バッテリー充電時間約6~7時間
  • 高温約3時間・中温約5時間・低温約7時間
  • 専用バッテリー

自転車用のヒーターグローブ。あのパールイズミがリリースしている。値段はかなりするが、自転車専用ということで使い心地はダントツだろう。

フル充電で低温7時間。スタート時とゴール時の指先を温めてくれること間違い無し。

【めちゃヒート】 充電式 ヒーターグローブ

めちゃヒート 充電式 電熱ホットインナーグローブ

出典:アマゾン

  • 手袋本体 / フリースライクラ95%、スパンデックス5%
  • 発熱繊維 / ステンレス鋼繊維
  • 発熱時間:最長 6.5 時間継続
  • インナーグローブとして使用
  • 手洗い洗濯可能なので、いつも清潔に保ちます

インナーグローブ系のヒートグローブ。ミトン系のオーバーグローブとの併用が使いやすいかもしれない。

CosHall 電気手袋 電熱グローブ

CosHall 電気手袋 電熱グローブ

出典:アマゾン

  • 生地(通気性防水布)、ライニング(裏起毛)、暖房材料(高効率複合繊維温度ヒューズ)三種類をあわせて作られたヒーター手袋
  • タッチパネル対応
  • 夜に対応の反射ストライプ
  • バッテリーには7.4V 2800 mAhの小型で高性能なリチウム電池を使用
  • 約500回の充電が可能
  • 2時間以上の加熱が可能

電源が小型リチウムバッテリー。グローブ本体にバッテリーが内蔵されているので、ケーブルレスは非常に使い勝手がいい。

逆に大きなバッテリーを使うことができないので、使用時間が短いのがデメリット。朝一スタートのみの使用と割り切ると使い勝手いいかもしれない。

SabotHeat 電熱グローブ 4段階温度調節 USB充電式

SabotHeat 電熱グローブ 4段階温度調節 USB充電式

出典:アマゾン

  • カーボンナノチューブで加熱
  • バッテリーには2400 mAhの小型で高性能なリチウム電池
  • 4段階温度調整
  • 急速加熱
  • タッチパネル対応

USB ヒーター手袋 USBウォーマー

USB ヒーター手袋 USBウォーマー ヒーター内蔵 ハンドウォーマー

出典:アマゾン

  • USBポートより給電。5V 1ポートでOK!
  • 最大約40度(カタログ値) ※ヒーター部の温度になります
  • USBケーブル約1.5m

DIY系でグローブに取り付けやインナーヒーターとして活用できるだろう。電源はUSBコネクターとなっているので、ウェア内にUSBモバイルバッテリーを引くのが使いやすいと思う。

本体からはコネクターで簡単取り外しができるので、バッテリーはバイク本体に置いておいてもOKだ。値段も安く、導入しやすいのがメリット。

KYPLAZA 最新モデル ホットグローブ 温熱 手袋 充電 / 電池 両対応

KYPLAZA ホットグローブ 温熱 手袋 充電

出典:アマゾン

この電熱グローブの一番の利点は充電バッテリーの他に乾電池も使うことができること。お守りとして最高だ。

最大8時間の運用時間をほこるので、通常の200kmであれば、日中に節約すればスタート、ゴール時はホカホカで手元を暖かくできるだろう。

300km以上であれば、予備電池ケース持参はマストね。

  • 寒い冬もポカポカ! 充電&電池対応 温熱手袋 ホットグローブ
  • 充電&電池の両対応 充電バッテリーで使っていて外出先でバッテリーが切れても、電池を入れたら直ぐ使えるようになります
  • 大容量3200mAhバッテリー付属 なんと最大8時間の長時間使用可能

まとめ

パールイズミの電熱グローブ・ヒーターグローブを筆頭に、色々なタイプの電熱グローブが販売されている。バイク(オートバイ)であれば12V電源を引けるので、充電やバッテリーの心配はないが、ロードバイクではそうはいかない。

そうすると充電バッテリー、もしくはUSBモバイルバッテリーの準備が必要となる。また左右2つあるので、電源も2つ必要になるのがちょっと面倒。

やはり使い勝手では、グローブ本体にバッテリーが内蔵されるタイプがよいだろう。

個人的には「USB ヒーター手袋 USBウォーマー」をハンドルに巻きつけ、ハンドルカバーと併用が良いかと思った。

10月晩秋の山岳系や1000kmブルベ、1月、2月、3月のブルベエントリーを予定している方は、ぜひヒーターグローブを用意してみてはどうだろう。

↓↓ワンクリックです。ぜひ記事を評価してください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (8 人の評価, 平均: 3.88 out of 5)
読み込み中...
こちらも見てみませんか?