ロードバイクのダウンヒルってコワイよね?【ダメなブレーキング・コーナリング】

ロードバイクのダウンヒル!とても楽しいと思っている私です。キツイ、苦手な登りが終わると、やっとこダウンヒル。今までかかった時間をできるだけ取り戻し、平均速度を戻せるチャンスです。

登り10kmを時速10kmで1時間。下り10kmを時速40kmで15分。トータル20kmを1時間15分で走れば、そこそこ取り返すことができる。しかし、このダウンヒルセクションをブレーキに切りっぱなしで時速20kmになってしまうと1時間半かかる。

上りだろうが下りだろうが10kmという距離は変わらない。平均速度15km/hで計算されるブルベは、登りのロスは少なくすることはもちろん、下りも安全に、できるだけ速く走りたいものだ。

ウチの嫁さんがダウンヒルを走るのを見て、ちょっとダメなブレーキングやコーナーリング、ダウンヒルをチェックしてみよう。




スピードが出るのがコワイ

ロードバイクの下りでスピードがどんどんと出ていく。そのスピードが出るのがコワイというもの。あなたも経験があるかと思います。

登っている時は全く感じなかったが、下りになると、とたん頼りなくなる細いロードバイクのタイヤがそれを増幅するだろう。

で、下りでスピード出るのがコワイ方は、ライディングポジションがガッチガッチではないですか?疲れた足腰尻はサドルとペダルにどっかり座り体重を預け、さらに下りの緊張でハンドルを握っている両手はガッチリとバーを握りしめている。

できれば、ペダルに乗せる足でスタンディング気味、ケツはサドルから浮かせ気味で下半身は力抜けているとよいですよね。

ロードバイクはあの高圧タイヤでサスペンションがないため、路面からの衝撃がモロにきます。できれば、路面のショック、衝撃を下半身で吸収できる程度に柔らかくしておくと良いと思いますぜ。

ロードバイクのスピードが上がれば上がるほど路面からの衝撃も増します。その衝撃はタイヤとフレームでは吸収できないでしょう。なので、体がその衝撃を受け止めるようにしないと、スピードに対応できない。

あと、よく言われるリア荷重。あれも極端にやることも無いかと思っています。ようはブレーキングがキッチリできるように腕や手に余計な力が入らないように後ろ気味に体重を意識すれば良いかなと。

ストレートのスピードにある程度対応できないとダウンヒルの速度は上がらない。サイコンをちら見しながら、実際のスピードを数値でチェックしておくことも必要よ。

一定距離でバイクの車速を落とせない

ロードバイクの下りストレートでスピードを出せない理由が、これだろう。一定の距離、いわゆるコーナーのアプローチの一定距離において車速を落とせない。そうブレーキングがヘタというヤツ。

一体どのくらい出ているか理解していないストレートのスピードから、どの程度スピードを殺せばいいのか?コーナーに安全に入るにはどのくらいのスピードに落とせばいいのか?そして、そのスピードに落とすにはどのくらいのブレーキング距離が必要なのか・・・??

たぶん、全部わかっていないから、ストレートでずっとブレーキレバー握りっぱなしで、安全スピード(時速25kmくらいとか)で走っているのよね。

スピードを理解して、このスピードならこのレンジで落とすことが理解できていないと、ダウンヒルを安全に速く走ることは難しい。

余裕持てるコーナーリングスピードを理解していない

ビギナーさんにありがち。バイクや2輪車のコーナーリングを理解していない。コワイというもの。まぁ、あんな細いタイヤの自転車が峠のダウンヒルでコーナーリングはコワイよね。

コーナーのR(半径)に対する、マージンをもったスピードを理解していないと、結局、ノロノロスピードまで落とさないとダメということになってしまう。

そのスピードを理解していなければ、ストレートもスピード出せないし、ブレーキングにも自信を持てない。

ウチの嫁さん、いつもビクビクしながらコーナーにアプローチしているからなー

そもそも握力が続かないじゃない

ストレートもブレーキレバー握りっぱなし。さらにコーナー近づくとがっちりレバー握っている。コーナリング中もレバー握りっぱなし・・・

これ握力続きませんよ。レバー握りっぱなしだと、いつも前荷重で腕もパンパン。さらに握っている手も疲れていくる。

思ったように車速が落とせなく、体もガチガチ・・・

ストレートはブレーキレバーから指はなさないと、休む時も全くなし。握力なんて続くわけがない。さらに無駄にブレーキシューもなくなるぜ。

コーナーを読んでる?

街中交差点じゃないんだから、そんなに車速を落とす必要もないと思う。とにかくいつでも止まれるようなスピードに落とさないとコーナーに入れない人も多いかと思う。

まず、コーナーを読もう。峠を登っていけば、今走っている峠の特徴や路面状況、風向き、太陽の位置関係、交通量など、いろいろ分かることがある。

それらを頭に入れて、ダウンヒルにのぞむと良い。特に峠のピークでは路面状況が変わることが多い。県境の場合(県の看板がある)は道路管理も変わるはずだから、いきなり道路状況変わったり、センターラインがなくなったりすることもある。

そんなことを念頭に置いて、コーナーにアプローチをしていこう。

コーナー進入においてR(半径)の大きさや路面状況などを考えていくことはとても大切。

わからないならGPSにも頼ろう。かなり先のコーナーの状況もディスプレイから読み取れる。ナイトダウンヒルなどではとても有効。

五感、GPS、体験などいろいろなものを頼りコーナーを読んで、さらにマージンをもってコーナーリングすれば、段々と経験値も上がってくるよ。なーんも考えずコーナー入っていくほど危ないものはない。

ラインをきちんと選んでる?

ストレートはもちろん、コーナーに入っていく時、ラインを考えて選んでいるだろうか。当然、後方の交通状況を掴んでいくのはもちろん。

後ろに車も何もこないのであれば、コーナーに対してアウト気味から入っていくのは前方視界の確保はもちろん、コーナーに対して大きなR(半径)を描けるので、安全値はあがる。

あと大切なのは路面状況も合わせて読むこと。路面に落ちている砂砂利、路面の荒れ、轍など。ダンプが多い道路だと、路面は荒れているし、砂砂利もかなりある。

あと、冬季に雪が降るところだと、滑り止めの砂がまいてあったりする。

轍もけっこう気を使う。轍がキツイところだとコーナー入口でアウトによらず、センターで入っていったほうがバンク的に使えるときもある。

いつも真っ平らでサーキットみたいにコーナーにバンクが付いていて、いろは坂みたいに一方通行なら世話ないが、そんな道路はほとんどない。

もっとラインを選んで走るようにしよう。

まとめ

オレはエンジン付きのオートバイをずいぶんと乗っているので、コーナーに関しては結構気を使う。オートバイはスピードレンジがロードバイクよりも数段上。

もち、それに見合うブレーキやサスペンションがあるから実現できるんだけど。そもそも自転車はスタビリティが少なすぎる。サスペンションないし、ブレーキはいまいちだし。タイヤ細いし。

なので、ビギナーさんはブレーキだけでもアルテやデュラエースにするのはありと思う。もしくは油圧ディスクブレーキ。

で、九州1周1500km「ディスクブレーキロードバイク」で走ってどうだったのよ?
先週、無事にAJ福岡・九州ヘブンウィーク1500kmコンプリートしまして、久しぶりにSRなるものを取得できました。こんにちはYasuです。 ...

ところで、ロードバイクのダウンヒル練習に良い方法は、ホームコースを作ること。とにかく同じコースを何回もダウンヒルすることが早いと思う。

何がコワイって初めての峠で、速く走れっていうのは、中々酷。なので、知った道、峠で練習を積むのが一番。知ったコースならブレーキングやコーナリングの練習ができる。

峠のダウンヒル速く安全に走れるようになると、ロードバイクが更に楽しくなるし、ロングライドやブルベでとても余裕を持てるようになると思うぜ。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする