オルトリーブサドルバッグをセラアナトミカ X2に装着・ジャストフィット

セラアナトミカ Selle Anatomica革サドルはもはやブルベの定番サドルと言ってもいいかもしれない。この超快適サドルではあるが、欠点はある。

まず重量が重いこと。そしてサドルレールが通常のレールと違っていること。

サドルレールが多少普通と違っていても、問題はないが、唯一・・・オルトリーブサドルバッグLのアダプターの取り付けができないことだ。




セラアナトミカ XとX2サドルのレール形状違い

セラアナトミカ X2サドル

右が「セラアナトミカ X」で左が新型の「セラアナトミカ X2」となっている。

X2のサドルレールが広がっていないことがわかる。

サドルレールが広がっている旧型の形状の場合、オルトリーブをはじめ、サドルレールに取り付けるタイプのアダプターは非常に取り付けしにくい。

さらに、サドルレールが広がっているのでストラップタイプのサドルバッグを取り付ける際も、けっこう面倒。

やはり、サドルレールは新型X2や通常のサドルのように絞ってあるほうがいい。当然だがシートピラー取り付け位置の自由度もあるしね。

アダプター

こちらがオルトリーブサドルバッグのアダプターだが、取り付けられる気配は・・・ない。

工夫をして取り付けをしているなどのログがあるが、オレはやりたくない。海外のとんでもないところでアダプターが脱落したら、絶望でしか無い。

セラアナトミカX2サドルにオルトリーブアダプター取り付け

セラアナトミカX2にすれば、この問題が一気に解決をする。なんで、最初からこのようにデザインをしなかったのか疑問だぞ。

セラアナトミカ

普通のサドルレールと同形状なので、オルトリーブサドルバッグアタッチメントがすんなりと取り付けることができる。

当然だが、無改造で取り付けOKだ。

セラアナトミカ

そして、このようなレール形状だと、オルトリーブサドルバッグのアタッチメントが付いたままで、ほかのストラップ式サドルバッグも取り付けができる。

この状態でブラックバーンアウトポストシートバッグも取り付けできる。

セラアナトミカ

ちょうどシートレールが折れ曲がった位置にアダプターがジャストフィット。

ブラックバーン

このようにオルトリーブサドルバッグのアダプターを残したまま、ストラップ式のサドルバッグも共存できる。

ブラックバーンアウトポストサドルバッグのストラップ根本にアダプターが見えるのがわかる。これは非常に便利で助かる。

オルトリーブサドルバッグの取り付け位置・角度

オルトリーブサドルバッグ

固定式サドルバッグの場合、そのアダプター取り付け位置というのは非常に大切だ。

タイヤとのクリアランスはもちろん、サドルに対して良い角度で取り付けてあると、サドルバッグの取り付け、取り外しがスムーズになる。

オルトリーブサドルバッグ

またサドルバッグはその取付角度というものは大切と考える。スムーズにサドルが取り付けられ、シートピラーの固定ベルトが何の力も加わらず、また変な角度になっていないということは重要だ。

サドルに荷物が入った状態で多少前に角度が付けば、サドルに掛かる重量はアダプターとシートピラーに分散されるだろう。

サドルバッグ取り付けが地面と平行だったり、変な力がかかった状態では、非常に不安だ。特に後ろは見づらいので走っている時その状況もわからない。

このようにきちんと取り付けられたサドルバッグというのは、安心したロードバイクの走りにも助けてくれるだろう。


まとめ

セラアナトミカX2はスゴイ値段が高かった。マジで購入しようか躊躇したほど。このサドルバッグ取り付けという問題以外はXでOKだったから。

しかし、どうしてもバイク、そしてアイテム類の軽量化ということを考えるとオルトリーブサドルバッグの導入が必須だった。

エイヤで購入をしたが、本当にアナトミカX2の購入は大正解。総重量は軽くなるし、なんといっても一つサドルでオルトリーブとブラックバーンなどのストラップ式のサドルバッグ共存ができるのだから。

もし、オルトリーブサドルバッグ取り付けを考えているのであれば、迷わずアナトミカX2の一択と思って間違いないだろう。

セラアナトミカ Selle Anatomica XとX2の比較
ブルベでとてもお世話になっているセラアナトミカ Selle Anatomica Xはとにかく尻が痛くならないサドルだ。そのセラアナトミカ S...
yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

ぜひこちらの記事を評価して下さい。(★をワンクリックです)

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価無しです。ぜひご評価下さい)
Loading...