ブルベに限らず・・・スタートは大事に行こう

2019年、平成最後の箱根駅伝が先程スタートをした。

スタートから200mほどで大東大の選手が転倒をした。

いきなりスタートすぐのアクシデント。とにかくスタートは非常に大切。

これまでのオレの失敗スタートを見ていこう。

2015年PBPスタートの大失敗

2015年PBP

はじめてのPBPパリ・ブレスト・パリはいきなりスタートから大失敗をした。

前日あまり眠ることができず、さらに当日の昼寝も全然寝られない。

さらに変なディナーなんか頼んだものだから、スタート3時間以上前からベロドローム入り。おまけにディナーはソールドアウトでありつけず。

すごい睡眠不足の飛ばし過ぎ、お決まりの食べられず、胃炎でアウトという始末。あかん。

2016年オーストラリアGSRのトラブル

2016年オーストラリアGSR

オーストラリアで行われたGSR(Great Southern Randonnée)でのスタート。

まず前夜寝られず。その理由はドロップバッグやバイクの準備を宿でダラダラやってしまい・・・あげく準備未完了でベッドで寝てしまった。

夜遅く気がついて、慌てて用意すると、心配増幅で朝までウトウト。

更にスタートするとバイクのディレイラーの不調・・・追い打ちをかけるようにスタートしてすぐにサングラスぶっ飛ばしてなくすというアクシデントのおまけ付き。

サングラスは初日のコントロールで受け取りができて助かったが、いろいろトラブルあったけど、なんとか完走できたからよかった。マジで。

2017年ニュージーランドTikiTour初日飛ばしすぎ

2017年ニュージーランドTikiTour

あんま思い出したくないニュージーランドの1200km。

調子が良すぎて、初日飛ばしすぎ。低温でこれまた腹の調子が悪くなったところ・・・2日目のスタートで胃薬をドロップバッグへ忘れるという痛恨ミス。

そのまま2日目コントロールにたどり着けずアウト。

調子よくて調子に乗るとダメな典型ね。

2017年シドニーメルボルンのスタート5分で落車

2017年シドニーメルボルン

今までブルベやってきて、一番ダメなヤツ。

スタートして約2km、5分で落車、転倒。フロントタイヤバースト・・・

持ち直すことできず、2日目のコントロールたどり着けずアウト。

1200kmのスタート2kmで転ぶと・・・持ち直す精神力なかった。

2018年ヘブンウィーク飯塚300kmの練習不足

2018年ヘブンウィーク飯塚300km

2018年は冬寒かったよね・・・で、全然バイクの練習せず。

九州1周ヘブンウィークがこの年の初ブルベというなめた態度。

当然のように走れず、調子落とす。追い打ちかけるようにスタートしてすぐにDHバーのアームレストが吹っ飛んでいった。

バイクの方の整備もきちんとできていない典型。

ゴールはしたけど、えらい腹の調子が悪くなった。なんとか4本全部完走できたけど、準備は大切と痛感した。

まとめ

ブルベに限らずスタートというのは、本当に大事。

スタートを無難にこなすことは、どんなスポーツでも、それは旅でも遊びでもとにかく大切。

逆にスタートコケると、マジでハンデ。

今年もスタートした。この1週間の過ごし方は、とても大切ね。暴飲暴食はNGよ。(←オマエな

↓↓ワンクリックです。ぜひ記事を評価してください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (7 人の評価, 平均: 5.00 out of 5)
読み込み中...
こちらも見てみませんか?