ブルベのこれまでやらかした8個の忘れ物! 【ブルベ備忘録】

ブルベのこれまでの忘れ物について備忘録。さすがに4年もブルベ走っていると、色々と忘れ物はするようだ。

皆さんこんにちは。Yasuです。

ブルベは普通のサイクリングと違って、いろいろと装備が多い。普通そんなライトいらないだろ?というくらいハンドル周りにライトが付いていたり。

ライト忘れないけど、シューズやボトル忘れるということはよく聞く。というか、通常のサイクリストの場合逆だろ?・・・と思うことしばしば。

さて、オレの今までのブルベでやらかした忘れ物をチェック。




ブルベ参加受領証

Audax埼玉ではエントリーをするブルベにより参加受理証が届く。それが誓約書になっていて、サインをして出走時に出すのだが・・・

そいつを忘れた。それも八戸発着の600km(アタック下北600km)。

スタート地点へ来るまで向かう途中で気がついた。自宅から30km位走ったところで気が付いて、取りに戻った。

ベル

ベルは忘れますよね・・・よく。オレもやらかした。それも2016年の北海道1200kmで。

バイクのコラム周りを整備してばらした時に付け忘れ。

「あれ?ベルは?」と聞かれて・・・「えっ、ココについていますよ・・・ない・・・」

すぐにスマホで自転車ショップを探した。近くに「サイクルベースあさひ」があり事なきを得る。

30分後に無事前日車検を完了できた。

ヘルメットテールライト

ルールで決まっている場合があるヘルメットテールライト。

しっかりと忘れた。これは全く気が付かなかった。

当日車検の時に気がついた・・・青くなった。そこで、バイクに2つ付いていたテールライトの1つをヘルメットにタイラップで取り付けてOK。

それ以来ヘルメットには常時テールライトはつけっぱなし。

テールライトは車体・ヘルメットに2つずつ付ける意味【安心安全】
ブルべに限らず、自転車のライト類はフロントは、かなり気を使うのではないだろうか。 やはり夜間走行を考えるとフロントライトの役割は本当に大き...

ヘルメットヘッドライト

2013年のロンドンエジンバラロンドン。これは忘れたというよりも意図的に置いてきたという方が正しい。

初めての海外RM。それも1400km。

できるだけ軽量化をしたかった。頭の上についているわずかな重さも外したかった。

そこで、夜はきっちりコントロールに到着をして寝るという計画を立て、あえてヘルメットヘッドライトを置いてきた。

結果最後の方で、やっぱりリミットギリギリの夜間走行を強いられ、ナイトランがけっこう大変だった。

とくに夜のコーナーはヘルメットライト無いとダメだということ痛感。

これ以来、ヘルメットにも常時ライトは付ける、もしくはサドルバッグに入れておくこと徹底。

サドルレインカバー

これも2013年のロンドンエジンバラロンドン。

入れたと思ったサドルレインカバーが輪行袋に入っていなかった。

革サドルを使っている場合、サドルのレインカバーは必需品。これはホテルのシャワーキャップを代用して乗り切った。

ハンカチ・小タオル・汗拭き

いつもポケットに入れている、小さいタオル。これがないと休んだ時に顔洗う時困る。

休憩時に顔を洗い、汗や汚れを落とすことは非常にリフレッシュできる。そしてタオルで拭くと、とても気持ちいい。

これが出来なくて非常に辛い思いをしたぞ。いつも忘れないように小タオルは車などにも常備するようにしている。

日焼け止め・リップクリーム

これはいつも使っているリップクリームがなくなり、ブルベ用のリップクリームを使ってしまった。

それを忘れて補充しなかった。ダメね。これを機に1本は買い置きをしている。

また日焼け止めも同様に、必ずフレームバッグに常備するようにしている。

ロングライド・ブルベで重宝するフレームバッグに入れる8アイテム
フレームバッグはロングライド、ブルベでは非常に重宝をする。 国内のブルベはもちろん、海外でも必ずこのフレームバッグを利用している。 その...

自転車シューズ

サンダル

自転車シューズ忘れる・・・未遂に終わったが、これはビビった。いきなりDNSになるかと思った。

2016年岡山1200kmを電車遠征。電車遠征の場合、荷物少なくするためシューズを履いていく予定だったが・・・何も考えずサンダルで自宅を出た。

最寄りの駅で足元見ると・・・サンダルぢゃん!

嫁さんに連絡して駅まで届けてもらった。ちゃんちゃん。

まとめ

ブルベでは忘れ物によってはスタートできない場合もある。またスタート可能でもDNSレベルの忘れ物がある。

前者はヘルメットや反射ベスト、ヘッドライトなどのライト類、後者は自転車シューズ、ウェア関連やドリンクボトルが代表となるだろう。

ドリンクボトルなら途中のコンビニでペットボトル代用できるが、固定法や必ず止まらないと水分補給が出来ないのがツライ。

ルート上の自転車屋さんを調べて、途中で購入という方法もあるが・・・微妙感がある。

ところでシューズ忘れだが、たしか2014年のアタック日本縦断の1本目、九州の400kmだったかな。シューズを忘れ、サンダルで走りきったヤツがいたそうだ・・・マジか。

やればできるということだが・・・オレには無理かな。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする