ツールボトル・ツール缶はやっぱり便利!おすすめ7選

ツールボトル・ツール缶はロードバイクにグッズを積載する際に、とても便利なアイテムだ。特にチューブやパンク修理キットなどのパンク関連。Co2ボンベとかね。

この手の、トラブルになった時にすぐ使いたいグッズ収納にツールボトルは適している。サドルバッグに入れておくと、かなりめんどうだ。




ツール缶ボトルにはどのくらい入る?

ツール缶

いつも使っているシマノツールボトル。

チューブ2本、携帯ツール、マルチツール、タイヤレバー、パンク修理キット、タイヤを切ったタイヤブート。

国内ブルベ、海外ブルベでもツールボトルの中身はこんな感じ。

ツールケースにはどのくらい入る?

ツールボトル

サイクリングや練習や河川敷サイクリンクロード走るときにはツールケースにこんなものを入れていく。

チューブ1本、携帯ツール、マルチツール、タイヤレバー、パンク修理キット、タイヤを切ったタイヤブート。ゼリー系補給食。

おすすめツール缶・ボトル7選

スタンダードなツールボトル、ツールケースのラインナップ。

まずは選ぶなら、この7つの中からで行ってみよう。

シマノ ツールボトル ブラック

シマノ ツールボトル ブラック

一番スタンダードなツール缶。なんと言っても安い。そして軽い。たぶん誰しもが手にしたのではないだろうか。

チューブ2本にパンク修理キット、タイヤレバー、携帯ツールが収納できる。普通のサイクリングであれば、コレとドリンクボトルをボトルケージに挿せばOKね。

ロードバイクの振動でツールボトルのフタが飛んでいくから、養生テープなどで固定しておくことおすすめ。

ゼファール(Zefal) ツールケース

ゼファール(Zefal) ツールケース

  • 2つのコンパートメントがあり、用途に合わせて使える
  • 防水性が高く、中身が濡れる心配がない
  • 重量130g サイズ調整可能

シマノのツール缶のグッズ取り出しにくさを解決したヤツ。中間パーツもあり、長尺収納用途でも使えるし、取り外し可能な「ねじ込み式の底」が付いていて2気室でも使える。

Vittoria(ビットリア) ツールボトル

Vittoria(ビットリア) ツールボトル

  • ジッパーを開けるだけで、取り出したい物がすぐに出せる
  • サドルバッグの代わりに
  • Vittoria製のツールボトル

ジッパー式のスタンダードなツールケース。

R250(アールニーゴーマル) ツールケース

R250(アールニーゴーマル) ツールケース

  • これまでにない外寸225mmのロングサイズ
  • ヴィットリアのツールケースと比べて、容量30%アップ
  • 上下端の直径を5mm細くしました
  • 従来モデルでは入らなかった長さ215mmまでの携帯ポンプが収納可能

かなり大きい、そして長いロングサイズのツールケース。

PWT ツールボトル ツールケース

PWT ツールボトル ツールケース

  • スムーズで耐久性の高いYKKファスナーやファスナーホルダーを採用
  • サイズ:高さ215mm×直径75mm
  • 重量:約87g
  • 190mmまでの工具やポンプなどが収納可能

シンプルで軽いツールケース。YKK製ファスナーやファスナーホルダーがあり、かなり実用的。

トピーク ケージパック ツールケース

トピーク ケージパック ツールケース

  • EVA フォーム
  • 直径74 x H180mm
  • 0.75L
  • 98g

EVAフォームを採用することでボトルケージ装着時の音鳴りを防いでいます。内部のオーガナイザーは取り外し可能。

トピーク
¥2,592 (2019/05/26 19:15:55時点 Amazon調べ-詳細)

トピークのツールケース。黄色のラインがトピーク製ね。

リヒトラブ スタンド ペンケース

リヒトラブ スタンド ペンケース

  • 【フタ裏部】消しゴムホルダー付
  • 【素材】シリコーンゴム
  • 【デザイン柄】クロネコ
  • 【重量】190g

これはヤバイw

BIGサイズの動物柄スタンドペンケースでシリコン製。ネコ、ペンギン、パンダなどがラインナップ。クロネコとハチワレほしい。

この2本をバッグサーポーターに挿してPBP持っていきたいw

ミノウラSBS-250シートバッグスタビライザーのメリットデメリット
ミノウラSBS-250シートバッグスタビライザーを先日購入をして、実際に300kmブルベを走ってみた。これが思ったとおり良かったのでレポート...

まとめ

ツールボトルって、めっちゃ地味で目立たないけどロードバイクに乗る上で、ホント大切なアイテム。

ブルベで1000km走るときでも、近くの河川敷サイクリングロード走りに行くときでも、チューブやパンク修理セット、タイヤレバー、タイヤブートなどは絶対必需品。

自転車で距離が短いからと言ってはしょるワケいかない。

そんな時、ツールボトルが大活躍。距離別で大きいツールボトル、小さめツールボトルで分けておくといいかもね。

手軽にロードバイクの【ボトルケージ】を追加・増やす方法16アイテム
ロードバイクのフレームには通常2箇所ボトルケージを取り付けるボルト穴がある。シートチューブとダウンチューブにボトルケージ取り付けボルト穴があ...

ぜひこちらの記事を評価して下さい。(★をワンクリックです)

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価無しです。ぜひご評価下さい)
読み込み中...

 

スポンサードリンク




こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする