18年ヘブン-BRM504別府200和布刈:12時間37分完走【長女・初九州完走】

長かったような、短かったような・・・1週間前にスタートしたヘブンウィークも、今日が最終日。新飯塚に戻れば、とりあえず3回目ヘブンコンプリートだ。

家族で走る予定だったが、嫁さん腰痛でDNSとなっている。残念。長女は走る気満々。去年のオーストラリア以来、今年初の200kmブルベね。

セラアナトミカのサドルが、ずいぶんと陥没しているのでサドルカバーを取ってみると・・・崩壊していた。テンションボルトをかけてあげると、復活した。でも、この状態でも非常に乗り心地よく快適であったぞ。




受付・ブリーフィング・スタート

人数多めの別府→新飯塚200km。途中関門橋のフォトチェックや、若戸渡船などにも乗る。

スタートは結構いい位置でスタートできたが、長女の何かが当たっている・・どこかで音がしている・・・と言うことで3回ほどストップ。

サイコンとGPSマグネットが当たっていた。「スタート前バイクチェックしておけよー」・・といったのに。たぶんだがチェックするというのをただ傍観しただけなのだろう。このような場合は「乗って確認」「ホイール回して確認」と具体的行動を指摘しないとダメ。

スタート直後3回も止まれば・・・相当後ろになる。その後、ラストチャンス組列車にも抜かれ、どんどんと後尾に。

今日はブリーフィングでも、ほぼ向かい風予報が出ていた。案の定、きっちりと序盤より向かい風地獄になる。

このコース、前半に2つのピークがある。1つ目をこなしダウンヒル突入する。2つ目の信号待ちでかなりの台数が塊になる。案の定ペースを上げていく。ウチはこれに乗らず、上りで温存して行く作戦で。

ここまで1300km以上走ったライダーが、どんどん集団から遅れ、それを一つ一つ捕まえる。ピークになるに連れペースを上げる。たぶんピークでみんな脚止まるから。ピークが見え、一気にダッシュ。かなりの台数をごぼう抜きしてダウンヒル。塊の先頭はラストチャンス組。そこに追いついた。

そんなことをやりながらたんたんとこなす。向かい風がきつい。20km/h一定ペースで引く。

PC1セブン中津犬丸店 58.1km 8:54着

とりあえず1つ目のPC到着。約60kmを3時間だから、まーまーね。

豚骨焼きラーメン。お腹の調子は、けっこうよい。こんなふざけたモン食べられるんだから。

ローカルな里山の道を超える。里山を超えたら街が見えてくる。

門司の街へ突入。

フォトチェック布刈展望台 130.5km 13:15着

「和布刈神社」で「めかり神社」と読む。マジか、読めん。

ヒルクライムはじまる前の関門橋したから1ショット。

で、ここから布刈展望台へヒルクライム。これはキツイ。体重軽い長女はひょいひょい登っていった・・・

へろへろ布刈展望台へ到着。

フォトチェックしてダウンヒル。

門司の街、小倉の街など北九州の繁華街を抜けていく。

若戸渡船 戸畑渡場→若松渡場 153.2km

若戸渡船(戸畑渡場)に到着。時計を見ると15時過ぎ。1人150円。

まだ元気な長女。さっそうと乗り込む。

約5分ほどの船旅。

バイクは船体に立てかけるだけ。いい感じのローカル感。

若戸渡場の若松渡場に到着。ベンチと自動販売機があったので、しばしトイレ休憩。トイレに紙がないと長女お怒り。しかしトイレットペーパーホルダーも撤去している潔さにも感心していた。

我々の乗ってきた船が戸畑渡場に向かうのを見ながらリスタート。

PC2ローソンひびきコンテナ入口店 161.9km 15:58着

PC2ローソンひびきコンテナ入口店 161.9km 15:58着か。ここまで10時間かかっている。

この向かい風ならしょうがないか。いつもより遅いペースに長女は余裕っぽい。

おっ、このローソンにはイートインがある。うれしい。

カレーが食いたいと思って商品棚探したら、カレーなかった。仕方なくカツ丼。

イートインに座ったら医院長がカレー食っていた。最後のカレーを取られた。それもカツカレーだった・・・帰ってカレー食うぞ。

新飯塚までの最後のセクションに入る。芦屋町から遠賀川を南下する。

ここか西風向かい風が横風になる。

道はそこそこきれいだが、横風はステアリングが取られ、けっこう気を使う。後ろは元気そう。

太陽もかげってきた。もうすぐゴールの新飯塚。

飯塚市内に入っていく。

ガーミン先生にもゴールのマークが出てきた。残り1.4km。

ヘブンウィーク無事コンプリート

1週間前の4月28日にスタートした新飯塚のパーキングに戻ってきた。

BRM504別府200和布刈無事完走。12時間37分。

ヘブンウイーク打ち上げ懇親会

2018年AJ福岡ヘブンウィーク懇親会は新飯塚駅近くのたらふく亭。

20時過ぎに行ったら・・・だれもいなかった。あれ、20時半スタートだっけ?

20時半過ぎ乾杯、スタート。

タンパク源。刺し身。

さすが!岩本さんは人のコーラーも飲む。自分のライムも飲む。

焼き鳥の後にサラダが出てきた。えっ?これで終了?

と、思ったら茶碗蒸し。

その後、天ぷら。おいおい。

で、ステーキが出てきた。順番逆じゃね?・・・と言う声があちこちで。まぁ、酔っぱらいはどうでも良い。

そんな感じで、懇親会も無事に終了。

来年PBPイヤーですので、ぜひともまたヘブン開催をお願いいたします。その時は佐多岬ルートは・・・再考いただけるとちょっとうれしかったりする。次回もまた600km初日は雨だから・・・

1週間もの長い間、ルートをともにしたライダーの方々、ボランティアの方々、AJ福岡のスタッフの方々、本当にありがとうございました。

まとめ

その後ホテルへ帰って、コンビニで焼酎とタンパク質を買い込んで、石井さん、並木さんなどと追い呑みした。

ウチラの考えとしては、このヘブンも7月イタリアの試金石なのだろう。課題や問題点も見つかった。

しかし、ディスクブレーキに関しては、メリットがかなりあることも確認できたが・・・失うものやリスクもかなりあることも確信した。

とりあえず、コンチのウルトラスポーツはちょっと重いことは確定だった・・・

ホントは重い(340g)コンチネンタルウルトラスポーツ2ロードタイヤ
コンチネンタルウルトラスポーツ2ロードタイヤを買ってみた。めっちゃ安い2本で4,000円台という安さ。 今回は早く手に入るということで、ア...
yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする