海外ブルベのエントリー準備:その6【Alpi4000各PCの天気と気温】

イタリアAlpi4000は今週出発。ミラノへ19日に到着をして、レンタカーを借りる。

その足で、すぐ近くのホテルへ入り、7月20日に陸路でスタートのボルミオへ入る。とにかくレンタカーさえ、手に入ればこっちのもの。

ところで、ヨーロッパのレンタカーってマニュアルが基本のようだ。まぁ、オレはいつもマニュアル車に乗っているので、あまり問題にならんが、左ハンドル右側通行で、右シフト。ちょっと違和感あるかも。

さて、スタート1週間ともなれば、ある程度信頼できる現地の天気、気温なども見ることができる。

各オーバーナイトコントロールの当日、前後の天気、気温などをチェックしてみよう。

海外ブルベのエントリー準備:その3【Alpi4000ルート皮算用と仮眠場所】
Alpi4000スタートがずいぶん迫ってきた。オレは7月19日に成田を発つので2週間切ったのか。 ちょっとおさらいとして各ステージとどこで...




DAY1:7月22日(日)Bormioの天気

イタリアボルミオのスタート前後の天気。

22日スタートは曇り。最高気温23度の最低気温10度とは。

かなり涼しいのね。週明けより天気回復傾向なので、悪くはない状況。

DAY1:7月22日(日)Lavenoの天気

7月22日(日):Lavenoの天気

1日目はこのLavenoまでは行く。

Lavenoに到着をするとフェリーに乗る必要があり、できればフェリーはその日にパスしてしまいたいと思っている。

しかし、けっこう暑そうな感じ。最高気温31度で強い雷雨?マジ?前後は晴れているので、少しは希望を持てるか。

DAY2:7月23日(月)Biellaの天気

7月23日(月):Biellaの天気

Biellaには2日目の23日の午前中には到着するはず。

たっぷり日差しの最高気温31度、最低気温20度と真夏の暑さの可能性。前後の天気も問題ないようだ。

DAY2:7月23日(月)Venaria Realeの天気

7月23日(月):Venaria Realeの天気

Biellaと似たりよったりのVenaria Realeの天気。概ね2日目の天気は大丈夫そうだ。

ただ、気温は高めなので、気をつけよう。夜になっても2桁から下がることはなさそう。

DAY3:7月24日(火)Biellaの天気

7月23日(月):Biellaの天気

Biellaはこの週、本当に天候が安定しているようだ。

24日以降も雨マークは出ていなかった。

DAY4:7月25日(水)Pavia

DAY4:7月25日(水)Pavia

山岳エリアを抜け、フラットなところを400kmほどこなす4日目は暑い真夏の日差しのようだ。

Paviaは最高気温31度、最低気温20度。雨の心配はなし。後半の天気をチェックして、安定しているようならレインジャケットを捨ててもいいかも。

DAY4:7月25日(水)Mantova

DAY4:7月25日(水)Mantova

Mantovaも暑い・・・マジでほんとにこの暑さになるのだろうか?

熱中症レベルまで気温は上がりそうなので、注意する必要がある。夜になっても最低気温が20度以上か。

この日はMantovaのホテルまで行く必要があるから、後半は夜間走行することになる。

DAY5:7月26日(木)Spormaggiore

DAY5:7月26日(木)Spormaggiore

おいおいDAY5のSpormaggioreは35度かよ?

日本の酷暑レベルまで気温が上がる。そして、ウチラが到着するであろう26日は晴れのこの気温。やばい。

前後が雨というのも、いいのか悪いのかわからない。とにかく1週間通して34度前後ということは、かなりの確率であっているのだろう。

DAY6:7月27日(金)Silandro

DAY6:7月27日(金)Silandro

Silandroの27日(金)は晴れ、曇、小雨という天気。

最高気温26度の最低気温12度。まぁ、悪くもない。35度よりはいいかも。

DAY6:7月27日(金)Bormio

DAY6:7月27日(金)Bormio

どうやら、Alpi4000のゴール、ボルミオの27日から28日にかけては雨のようだ。

小雨とあるので、あまり悪くないのが助かる。気温も最高21度の最低10度から。

ただ、雨の状態でステルヴィオ峠に入るとピークでは気温一桁は覚悟する必要があるだろう。やっぱり雨具は捨てられないようだ。

海外ブルベのエントリー準備:その5【オルトリーブサドルバッグに入れるもの】
Alpi4000が来週に迫っている。スタートは2018年7月22日(日)AM7:00ね。 で、このAlpi4000のドロップバッグだが・・...

まとめ

全体的にイタリアの天気は悪くないような感じだが・・・ホントのとこはどうなのか。

ヨーロッパで1、2位の標高の峠へ行くのだから、やはり気温的には上は35度、下は一桁に対応できるようなウェアとなるのだろう。

寒いのはオレはムリだからなー。

ちなみにこの酷暑の中、1週間荒サイで酷暑練して、イタリアの暑さ対策をしてるよ。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする