海外ブルベが楽しい。国内ブルベも楽しいが、ぜひトライをしてもらいたいのが海外で行われているブルベ。

もしできたら海外のRM1200kmをぜひエントリーしてみてほしい。海外を自転車で走ることができるのも刺激的だが、距離が1200kmともなると、その国のけっこうなところを走ることができる。

しかもブルベであれば、この1200kmという距離を90時間(約3泊4日)でクリアする必要があり、前後の飛行機移動や現地の予備日を考えると、ざっくり8日間あれば海外ブルベにエントリー可能だ。

この日数であれば、会社員の方でも十分可能ではないだろうか。ロードバイクで世界を走ることが非常に身近に感じる海外ブルベ。その流れを追ってみよう。

走りたい海外ブルベをチェックする

まずは走ってみたい、トライをしてみたい海外のブルベをチェックしてみよう。

LRM Calendar 2018 : Published Calendar

世界中のRMがリストされている。ぜひチェックをしみてほしい。

世界にはたくさんのブルベが開催されていて、もちろん各国で短い距離のブルベもある。その中でもRMは特別なものだろう。

2018年8月にはR札幌のアラウンド北海道とクローバー北海道などもリストされている!

2018年内ラストは11月のフロリダ1600kmで、オレもエントリーしているのよね。

Alpi4000をエントリーしてみた

今年2018年は年明けより、フェイスブックでイタリアのAlpi4000がちょっとにぎわっていた。

オレもかなり気になっていた。というのも、ヨーロッパとアメリカのRM1200を1個ずつコンプリートすれば、2つ目のISR取れるから。

そんなわけで、上り苦手のオレもイタリアのAlpi4000にエントリーをしてしまったワケ。キビシイだろうな・・・獲得標高2万とかよ。

Alpi4000のエントリーは以下のような流れで行った。

このイタリアのシリーズは去年もやっていて、数年かけてイタリアをほとんど1周するような感じだ。

このように2016年からやっていて、今年は緑のAlpi4000となっている。来年もやるみたいよ。気になる方はぜひチェックをしてほしいぞ!

スタートはスキーリゾート「ボルミオ」

今回のAlpi4000は北イタリア、温泉や巨大なスキー施設がある複合リゾート地として知られている「ボルミオ」がスタート・ゴールとなっている。

イタリアのミラノ・マルペンサ空港より約220kmある。オレは家族と行くのでレンタカーを借りる予定。

イタリア(ミラノ)往復航空チケット予約

エクスペディア

航空チケットはエクスペディアで予約。

航空チケットは早ければ早いほど安い。間違いない。なので、海外ブルベのエントリーは早ければ早いほどいいのは、これも間違いなし。

イタリア往復直行便、アリタリアエアで1人約15万円だった。

初めて乗るぞ。アリタリアエア。なんといってもその色はランチアストラトスだよね。

まとめ

Alpi4000は最後の最後で、ヘッダー画像にあるステルヴィオ峠(標高は2757m)を登ってゴールへ向かうのだ。大丈夫か?オレ?

まぁ、今に始まったことではないので、残り約1ヶ月、きちんと準備しよう。

ところで、海外のブルベはRM1200だけではないよ。今年のGWでやった九州のヘブンウィークみたいなものもやる。来年はPBPイヤーなので、各国でSR取得のためのヤツもやる。

TdT GT 2019

  • http://www.tdt.bike/

たとえば、タスマニアでGTシリーズなんてのもやる。TdT GT 2019というやつ。タスマニア1周もできSRも取れるオマケ付きだ。

↓↓ワンクリックです。ぜひ記事を評価してください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価無しです。ぜひご評価下さい)
読み込み中...
おすすめの記事