【1000kmブルベ】トピークミッドローダー・フレームバッグのグッズ一覧

岡山1000kmをあっさりDNFしてしまったオレですが、走る気満々、準備万端でのぞみました。しかし、今回はバイクが異様に重かった。20kg超えていた。

コレは本当にマズイ。何でもかんでも入れればいいというものではない。しかし、今回は特に途中で補給するところも少なければ、バッテリー充電できる可能性も少なかった。今だにブルベ荷物で悩むYasuです。こんにちは。

実験も含めてアレもコレもとアイテムを持ちすぎた。何をこんなに持ったのか?というわけで、バイクからおろしたてのフレームバッグより、ブルベアイテム、ロードバイクアイテムを取り出して、全ての重量をチェックしてみた。備忘録ね。笑ってやってくれ。

BRM608アルプス富士1000kmは100kmでDNF【お粗末!補給ミスでDNF】
なぜか完走できるイメージのわかなかったBRM608アルプス富士1000kmは100kmでDNFという、箸にも棒にもかからないようなヒドイ結果...




フレームバッグトータル重量は1.66kg

  • 材質:ポリエチレン/ ナイロン
  • サイズ:L460 x W60 x H120mm
  • 容量:4.5l
  • 重量:200g

トピークのミッドローダー。使いやすい大きさではある。

ただ、利用するフレームは多少とも選ぶだろう。オレのCubeはフレームサイズ520mmだが、ほんの少しミッドローダーのほうが大きい。

大容量フレームバッグを購入・レビュー【トピークミッドローダー4.5L】
トピークミッドローダ4.5Lという大容量フレームバッグを購入した。かなりの容量で色々なアイテムが詰め込める。こんにちはYasuです。 以前...

ブルベ・ロードバイクアイテムが詰まった状態で重量を測ってみると1.66kgという重量になった。けっこう重いな・・・

トピークミッドローダー単体で測ってみると280gであった。カタログ重量よりも若干重い。

フレームバッグに入っていたブルベアイテムチェック

それでは、トピークミッドローダーフレームバッグに入っていた、ブルベ・ロードバイクアイテムをすべて取り出してみよう。このくらいのアイテム容量であれば、フレームバッグはほとんど膨らまず、ペダリングの足や膝にフレームバッグが当たることはほとんどない。

これが全てのアイテム。

ただ、ここに補給食(アミノバイタルゼリー200g、ジェル×2本100g)300g分は途中で補給として使ってしまった。なので、トータルは約2kgとなる。

それでは一つ一つのアイテムの重量チェックをしてみよう。

携帯エアポンプ:184g

  • 本体サイズ(mm):約H280
  • パッケージサイズ(mm):約H400×L140×W30
  • 本体重量:約215g
  • パッケージ重量:約268g
  • 英・米・仏式対応

フレーム携帯ポンプはこれがいいよ。フロア型、さらにネジ式ではないバルブアダプター、エアゲージ付。きっちりとエア圧はいる。安いしね。

チェーンオイル・グリス:60g

クロスカントリーウエットルーブはけっこう少なくなっている。半分以下の容量。それに化粧品入れにグリスをもっている。

シマノシフトワイヤー:33g

何度もいうが、ブルベではシフトワイヤーの予備を持とう。シフトワイヤー切れると、けっこう悲惨だ。ワイヤー切れてDNFするにしてもとりあえずシフトワイヤー修理がよいと思う。大変だけど。

大体、シフトワイヤー切れるのって、山の中とか峠の中間とか駅からスゴイ離れたところだから。絶対持つといいよ。30g程度だし。約束な。

ポケット・貼るカイロ×2個:34g

寒さに弱いやつは6月になってもカイロを持つ。お守りよ。

タイオガ リアエンドホルダー:182g

ディスクブレーキロードバイクの必須アイテム。エンド工具。これは絶対に必要よ。

ブレーキパッドスペーサー・六角レンチ:25g

輪行アイテム。油圧ディスクブレーキにはブレーキパッドスペーサーは絶対に必要。それにアクスルを緩めるための6mm六角レンチ。

単3・単4アルカリ電池:240g

3日、もしかしたら4日分の電池類。単3はガーミンetrex20用とヘルメットライト用。

単4はテールライト用。オレ、昼間で前後ライト付けているからな・・・

キューシート:45g

ラミネートしたキューシートと標高表。4枚で45g。

使い終わったら捨てる。

モバイルバッテリー・USBケーブル

20000mAhのモバイルバッテリー。それに通常のUSBケーブルとCtypeのケーブル、各1本ずつ。けっこう重い・・・

予備チューブ×2本:218g

シュワルベの28cまで対応するチューブ。60mmのロングバルブ。ラップして保護している。ちなみにツールボトルにも2本あるので、4本持っていた。

この2本はいらないかもしれない。でもビビリなんだよね。パンクトラウマだし。

タイラップ300mm×2本:6g

まぁ、使ったためしないんだけど、バックから外したら必要になるんだよね。この手のヤツ。なので、とりあえず入れておく。

スタッフバッグ・ジップロック:21g

イスカのスタッフバッグ。完全防水なので、危ないやつはこれに入れておく。完璧防水。けっこう丈夫だしね。あとはジップロックを何枚か持っている。

こんなもので、枚数かさむとけっこうな重量になる。

まとめ

今回オレのフレームバッグはトータルで約2kg。上記内訳をすべて足してみたら1686gだったので、ほぼあっている。もしこの中から重量軽減で外すものといえば・・・電池くらいだろうか。

あとは、いらないパッケージを外すことと、ビニール袋類を取り外すくらいだろうか。数十グラム減らすならお守り代わりはアリだよね。

こんな事やっているから、やたら荷物の重量が増えるのだろう。いっそのこと持たないという選択肢もありかもしれないが、まぁ。オレには無理かも。

それでも荷物の重量を半分したいと常々思っている。うん。

yasu

2013年よりブルベにエントリーをしています。海外ブルベがメイン。年間2本走れるようにがんばる。目下はRM1200km以上を20本完走、ISR5回(4CR)が目標。愛車はCube Agree C:62 ディスク(海外・遠征などメイン)、BeONEディアブロ(引退・予備・ローラー台専用)で走っています。13年LEL1400kmから17年ラストチャンスコロラド、18年alpi4000などRM1200km・RMオーバー1200kmを8本完走。ISR(1200km・4C)を1つコンプリート。アメリカ完走すればISR2回目ゲットできる。

ぜひこちらの記事を評価して下さい。(★をワンクリックです)

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価無しです。ぜひご評価下さい)
Loading...

 

スポンサーリンク

2018年イタリアAlpi4000完走しました!

↓2018年Alpi4000完走・レポートの先頭記事はこちらから、ぜひご覧ください。

Alpi4000 Day0:成田→ミラノ→レンタカーゲット→ミラノホテル
とうとうやってきたイタリアのAlpi4000。獲得標高もさることながら走行距離も1500km超えと、非常にタフなルート設計となっている。

 

こちらもいかがですか



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする